水色

とても頼りにしている人が遠くに越してしまうことがわかり、それがとてもショックで、近頃少し宙に浮いた気分でいる。 私はショックなことがあるとすぐ、重石を結びつけるみたいにして、それを沈める方法を探しがちだ。思い出すのは大学生の頃、新しく買った…

新しい体

先日、携帯電話の契約を格安SIMに乗り換え、同時に機種変更をした。 それまでは2年縛りの契約だったので、そうと決めてからは契約更新月が待ち遠しく、SIMフリーの端末を用意した状態で待ち開始日に即手続きをした。 直前になって自宅のPCにバックアップを取…

「ル・ポールのドラァグ・レース 」S6からS11の感想

春にはまって以来、相変わらず「ドラァグレース」を追いかけ続けている毎日です。 S11が終了した寂しさもつかぬま、クィーンたちのワールドツアー「Werq the world」のバックステージドキュメンタリー配信がスタートし(WOW plus)、10月からはドラァグレー…

足りない

少し前からSlowlyという文通アプリを使っている。www.getslowly.com距離に応じてそれなりの時間がかかる「ゆっくり届く」のが特徴のアプリで、例えばフランスだと24時間、韓国なら4時間くらいで届く。 始めたのは、英語を使う機会が欲しかったからだ。 ドラ…

自動販売機

子どもの頃、家のすぐ近くに自動販売機があった。 4本くらいしか売ってない旧型の自販機で、ところどころ錆びてすらいたような気がする。 動いてるのかどうかすら定かではなかったそこで、1度だけジュースを買った事がある。 地域の運動会的なものに参加し…

ソウル旅行日記(最終日)

間が空いてしまいましたが韓国旅行日記3日目(最終日)です。 1日目→ソウル旅行日記(1日目) - イチニクス遊覧日記 2日目→ソウル旅行日記(2日目) - イチニクス遊覧日記ついに帰国日。空港に14時着を目指していたため、まずはソウル駅に荷物を預けてから…

ソウル旅行日記(2日目)

引き続き韓国旅行の日記です。 1日目 → ソウル旅行日記(1日目) - イチニクス遊覧日記2日目の朝は、妹リクエストの参鶏湯を食べる予定だったので10時の開店にあわせて8時くらいにのんびり起床。 前日は朝4時から深夜2時くらいまで活動していたのに起きら…

ソウル旅行日記(1日目)

先日、初めての韓国(ソウル)旅行に2泊3日で行ってきました。 行こうと思った理由はいくつかありますが、メインの目的は「おいしいものをたくさん食べる」+買い物もできたらいいな〜という感じ。事前に同行する妹とお互いの行きたい場所をプレゼンした状態…

「ウィッグはヒーローマント」と語るアリッサ・エドワーズの魅力

引き続き「ル・ポールのドラァグレース」にはまっている毎日ですが、今日は私の推しクィーンであるアリッサ・エドワーズについて書きたいと思います。 アリッサ・エドワーズ(本名ジャスティン・ジョンソン) 1980年テキサス州メスキート生まれ。 ドラァグク…

2019年のゴールデンウィーク

2019年のGWは10連休らしい、ということは知っていたけれど、実はなぜ10連休になるのかは直前までわかっていなかった。なんとなくすべてがオリンピックのせいのような気がしていたけれど、あらたな元号発表とともに改元は5月1日に行われると知り、「もしかし…

両方見るとより楽しい! 舞台「キンキーブーツ」と「ル・ポールのドラァグ・レース」

舞台「キンキーブーツ 」を見てきました*1! 見てる間中ずっと楽しくて幸せで、そんな気持ちが目から溢れてしまうくらい、最高の最高に楽しかったです。 2016年版(一回だけ見に行けました)ももちろん素晴らしかったのだけど、今回はさらにキャストの魅力が…

四角いピザ

彼女と仲良くなったのは高校2年の時だった。出席番号で隣の席になって、合唱の練習中(私たちが通っていた高校では毎年クラス対抗の”合唱コンクール”が行われていた)、楽譜で口元を隠しながら遊びに行く約束をしたのを覚えている。 彼女の家はイタリアンレ…

「ル・ポールのドラァグ・レース」S1からS5の感想

「ドラァグレース」にはまっている…という話は前回一通り書いたので、今回は、シーズンごとの感想&私の推しクィーンとオススメポイントを書いてみたいと思います。まずはシーズン1から5まで。前回の記事 ichinics.hatenadiary.com優勝者についてのネタバ…

ドラァグクィーンたちが表現で競う:「ル・ポールのドラァグ・レース」が面白い

暇さえあればフルネーム&関連ワードで検索、何度も同じ記事を読み、横断歩道や通勤電車で気づけば思いを馳せている…というのは推しはじめの諸症状ですが、そんな具合に私は今「ル・ポールのドラァグ・レース」という番組にはまってしまいました。 この番組…

大阪1泊旅行(2日目)

泊りがけで遠出をするときは、現地の喫茶店で朝食を食べるのを楽しみにしている。 モーニングを食べてもいいし、通常メニューが朝から提供されていれば、そっちを食べるのもいい。 何より早起きの楽しみができるし、地元の人が多く生活感のある時間帯なのが…

大阪1泊旅行(1日目)

先日、舞台「偽義経冥界歌」*1を観に大阪に行ってきました。 メインは観劇だけれど、大阪は久しぶりだし、せっかく行くなら色々したい…と、大阪出身の友人(かよさん)に相談したところ、観光地から食べ物からお土産まで、たくさんのわくわくするリストを送…

「偽義経冥界歌」(3/10昼公演)を見ました!

劇団☆新感線、旗揚げ39周年にあたる「39(サンキュー)興行」として開幕した、いのうえ歌舞伎『偽義経冥界歌(にせよしつねめいかいにうたう)』をみてきました。中島かずき脚本、いのうえひでのり演出の「いのうえ歌舞伎」としては、2014年の『蒼の乱』以来…

「タイムリープもの」分類チャレンジ

「タイムリープもの」(もしくは「ループもの」)と呼ばれるジャンルの物語が好きです。 タイムリープものはタイムトラベルを題材としたSFの1ジャンルとされているけれど、いわゆる「タイムトラベルもの」と違うのは、タイムリープする先に「自分」がいない…

眠りについて、3つ

その1 帰りの電車で座席に座るのは危険だ。 特にこの季節は、足元の暖房と電車の揺れに懐柔され、少しだけ…と目を閉じればほんの2、3秒で眠りにつかまってしまう。その瞬間はどことなく、湯に落とした角砂糖が崩れる様に似ている。誘惑に抗えない感覚が、…

2018年に見た舞台

髑髏城の七人 season月の千秋楽からもうすぐ1年が経ってしまいます。正直、思い出を反芻しているうちに1年経ってしまった感覚なのですが、それ以降も色々な舞台を見たので、記憶があるうちに簡単にでもメモしておこうと思いました。2019年は見たらすぐ書く…

ベーコンライフのすすめ

昨年末「今年買ってよかったもの」というタグが流行っていた。 いいねをもらった数だけ買ってよかったものをあげるというタグだったのに、他に何があったっけ、なんて考えているうちに年を越してしまい、続きはまた年末、という雰囲気になってしまったのだけ…

2019年1月の読書

昨年末に、2019年に新刊が発売されるという告知*1があった「十二国記」シリーズを私は読んだことがなかったのだけれど、告知の後のTLの様子を見ていて羨ましくなったため、とりあえず刊行順で「魔性の子」から「東の海神」までを購入して読み始めた。 それが…

2018年に見た映画ベスト10!

先日、定期的に映画を見る会をしている友人2人と毎年恒例の「今年のベスト映画」を発表しあう会をやりました。私が自信満々で「これは3人ともかぶるでしょう!」なんて思っていた映画が全く被らなかったり、私以外の2人が被っている映画を見ていなくて悔…

怖い話

例えばふと気が緩んだ瞬間に、普段はしないようなミスをする。けれど疲れているし、眠たいし、これはきっと些細なことだから、と目を逸らしているうちにいつの間にか、それは火種となって延焼を続けている。自分の預かり知らぬところで。先日読んだ「静かに…

タイムマシン

「匂いには記憶がひも付きやすい」と聞いたことがあるけれど、音楽もまた、そのような記憶再生機であると思う。 数年前、PCの故障でそれまでに取り込んでいた音楽データが取り出せなくなって以降、iPhoneで音楽を聞くにはもっぱらAppleMusicを使っている。使…

We Will Rock You

「長い年月のあいだ、わしはずっと部屋の窓をあけはなち、世界に求愛していたんだ」 『スローターハウス5』 日曜日、「ボヘミアン・ラプソディ」を見に行った。 Queenの事は、メンバーの名前と有名な曲と、グレイテストヒッツが英国史上最も売れたアルバム…

「若おかみは小学生!」

ラジオ番組*1で高坂希太郎監督作品だと知って気になっていたものの、正直、ポスタービジュアルを見た段階では圧倒的に「小学生向け」という印象でした。 けれど、目に入る評判はとてもよかったし、何より高坂監督*2だし…!というわけで、思い切って見に行っ…

かさぶた

ここの所、少しだけ悩んでいることがある。 それはついかさぶたを剥がしてしまうのに似ている。ふとした拍子に黒歴史を引っ張りだして、悲鳴をあげてみたりするのにも似ている。 なんて書きながら飛び出てきた私の黒歴史その1は、小学2年生のとき「バレンタ…

台風の日曜日

日曜日の朝、推し*1のファンクラブイベントがあるため台風情報を気にしつつ、まだ晴れていたので、折りたたみ傘を持って家を出る。 イベントの開始を待つ参加者の間で「えっ」と声があがり、ざわめきが広がっていく。twitterを開き、それはおそらく「JRが8時…

「PRODUCE 48」がとても面白かった話

推しが卒業して以降、48Gのことはあまり積極的に追っていませんでしたが、アイドルという存在はやはり好きで、「アイドルマスターKR」というドラマ*1にはまったり、生まれて初めてジャニーズのライブを見に行ったり……と、アイドルについて考えることは多く、…