読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 13年後のエヴァンゲリオン(破2回め)

13年もあれば変わらないでいることの方が難しい、と思うけれど、それは下敷きにあるものが変わるわけじゃなくて、足したり引いたりしながら上書きされていってるんだと思う。ただ、今の状態がどうであるかってのは、今を過去にしないと見えないし、とりあえずこっち、って直感だけを頼りに動くしかないなんてって歯がゆさは、きっと消えないんだろうとも思うんだけど、
まあそれはそれとして、また「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を見てきたわけですが、やっぱりすごく面白かったので以下長々と続きます。
【内容に触れてるので畳みます】
あらためて見て思ったのは、別にシンジは変わったわけじゃないのかもなーってとこだった。今回の破でシンジが前より好きになったのは確かなんだけど、やっぱ根本は同じシンジで、足されたり引かれたりしてるものが違うからたまたま今回のシンジはああなったのだと思う。
「しっかり生きて、それから死になさい」って言ってたミサトさんが、「いきなさいシンジ君! ほかの誰のためでもない、自分自身の願いのために!」って言う場面はほんと象徴的な場面でぐっときた。
「世界にはあなたの知らないすばらしいことがまだまだたくさんあるわ」というような台詞もあったけど、このあたりの希望が破が一枚抜けた感じがする理由なんだと思う。
私にとって、今回の破の一番面白いところは、そうやって、いつか見たTVシリーズが上書きされてく感覚だった気がします。
って思ったのは、緒方さんのインタビューがすごくよかったからでもあって、

そう、今回初めて庵野さんにほめられました。
(略)
とっても嬉しい言葉を、ふたついただきました。ひとつは「キャラクターの気持ちを、13年間ずっと変わらずに維持してくれて、ありがとう」。
もうひとつは「そのうえに13年分の君の経験を、いまのシンジに足してくれて、ありがとう」。
『CONTINUE Vol.46』より
http://www.enpitu.ne.jp/usr6/bin/day?id=60769&pg=20090704

これ読んでも、やっぱり新劇場版でTVシリーズが変わるわけじゃなくて、観る人にとっては「続き」だけど、あくまでも破は別の話なんだよなと思う。
だからこそ、今回の破を観て真っ先に思ったのは、あの頃TV版見ておいてよかったなってことでした。
別にTV版に思い入れがなくてもいいと思うんです。ただあの話を知ってて、登場人物たちのキャラクターに少しは思うところがあって、その上で何年も経って今これが見れるってところが、一番たまんないところだよなと思う。
その上で、たぶん初めて見る人でもちゃんと盛り上がれるポイントみたいなのが新しいエピソードである「食事」のエピソードで作られているのもいい。

破はパイロット達のモノローグがわりと印象的で、状況よりも、彼らが場面ごとに何を考えているかってところが物語を進めるステップになってる気がしたんだけど、これも、見ている人の多くは記憶(とか印象)を上書きしていくわけだから、むしろ多すぎる情報量で混乱しないように整理してるようにも思えた。
それでいて、さりげない場面についてはシーンを重ねることで気持ちにつなげてくさじ加減も気持ちよくて、
例えば、エヴァに乗ってるシンジが2回「ミサトさん!」て叫ぶシーンがあって、ここでミサトさんはシンジが意図するところを汲んでバックアップするんですけども、このちゃんと連携が機能してる感もすばらしかった。
それから手の絆創膏のシークエンスでアスカがいろいろ察するのもよかったし、「あんたバカぁ?」がちゃんと口癖になってる感もよかった。

最初見たときに買ったパンフにあった、監督の1人である鶴巻さんのインタビューがまたすごくいいんだけど、ここにあった台詞ですごく納得したのが、新キャラのマリについてで、マリはほんと、シンジにもレイにもアスカにもカヲルにも似てない。そこが好きだなーと思う。
鶴巻監督の言葉を借りれば「悲愴感」がなく、乗りたいから乗ってるってところがいい。
トップをねらえ!2」のインタビュー*1とか改めて読んでも、鶴巻監督の、庵野監督を尊敬しつつ、すごくバランスのよい客観的な視線をもってるところが、破にも生きてるんだろうなって思います。
あと、これがセルフパロディにならないのは、そういえば結婚したんだよねーって2回め見終わってやっと思い出すくらいの庵野総監督のかたくなさゆえだとも思う。ガイナックスのこれまでの作品見ても思うけど、作ってる人たちの「これがやりたい」っていう折れなさと熱さが好きだ。ってことはグレンラガン劇場版螺巌篇*2を見たときにも思った。

そして破は、やっぱりエヴァンゲリオンがかっこいい。L.C.L.しんどそうとか乗ると精神汚染されるとか、エヴァ乗るのって大変だーってイメージだったけど、今回の破ではじめて、エヴァって気持ちいいのかもと思った。
マリ楽しそうだし、零初弐で走るとこはほんとかっこよかったし、ザ・ビーストだし。
エヴァ戦闘シーンだけ繋いで繰り返し見たい。ので、早くDVDでて欲しいけど、その前にもうちょっと劇場で見たいと思います。