読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 魔法少女まどか☆マギカ

とうとう最終回が放送され、自分の見てるTLでもいろんな人がその話をしていたので、あらためてとても人気のあったアニメなんだなーと思いました。
私もとても楽しみに見ていたのですが、何を言っても未見の人にはネタバレになるようなお話なので、感想はここにメモしておこうかなと思います。
自分がこの作品で最も好きなシーンは最終回まで見てもやっぱりマミさんの戦闘シーンで、あの、マスケット銃が大量に登場して撃って殴って捨てて、最後はでかくなるっていう必殺技っぷりにときめいた。なので、最初は主人公が魔法少女になったら武器はなんだろうなとか、どういう戦闘シーンになるのかなっていうところを楽しみにみていました。
物語としては、1話の冒頭シーンで世界がループしているんだろうなというのがあったので、物語中でもう1回振り出しにもどるのかどうかってのも気になってた。って今思うとそのときはループが誰かの願い事だと思ってたんだな。
そして3話があって、そういう展開するのか…と思い、青の子が不憫すぎる…と思い、終盤は、まどかが何を願うのかっていうのが核心になっていったし実際最終回はそれがメインだったと思います。

で、最終回はどうだったかっていうと、まどかのあの願い事はよくわからないなー、というのが正直なところです。魔法少女に憧れていた時点のまどかではないので、ある程度想像がついた願い事ではあったけれど、魔法少女がやがて魔女になるって設定に対して、すべての魔女を消し去る、って結局輪の中で完結してる気がするし、それはそれぞれの魔法少女が絶望しないってことにならないんじゃないのかな…と思いました。そもそも最初にあるそれぞれの願いごとがどういうものかもわからないところで、あの願いごとは大雑把過ぎる気がする。
個人的には、まどかの願いごとよりも、まどか1人のためにループしつづけるほむらの方が好みです。それでも、ほむらが主人公だと思うと、あの最終回は腑に落ちる気もするので、そのうち印象もかわるかもしれない。
ともかく、ティロ・フィナーレはかっこよかったし、魔女とはなにかがわかる展開にはぐっときたし、最終回まで飽きることなく新しい展開を見ることができて、全体的にはとても面白い作品でした。
あと、見てる間に思い浮かべた作品は「ぼくらの」→「エイリアン9」→「少女革命ウテナ」の順番でした。でもラストは全然違ったな。