読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 「トーチソング・エコロジー」1巻/いくえみ綾

読んだ comic

「売れない俳優」の主人公と、アパートの隣室に越してきた元同級生、そして主人公にだけみえる「子ども」のお話。
自分にとっていくえみ綾さんは、とても好みな作品とわりと苦手な作品の差が激しいという、めずらしい作家さんなのだけど、この「トーチソング・エコロジー」は自分にとって、まだどっちにいくかわからないなあという感じです。
お話の雰囲気は、学生時代のトラウマや、「子ども」の存在など「潔く柔く」に近いものがいくつかある。でも「潔く柔く」が自分にとって特別な漫画だったのは、そういった物語の要素というよりは、登場人物の中の数人がとても好きだったことが大きくて、この作品については、まだそういった人物はでてきていない、ような気がします。でも、苦手な作品も、つまらないわけじゃなくて、それも登場人物に気持ちを寄せにくいってのが大きいように思う。他の漫画家さんではそういうことほとんどないので自分でも不思議です。
続きも読みます。