読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 アベンジャーズ

見た movie


アメリカにおけるスーパーヒーロー大戦みたいなものだよね、というざっくりした事前情報しかない状態で見に行きました。
それでも話についていけたのですが、この人はメインキャラクターなのかどうか…っていうのがしばらくわからなかったりしたので、せめて各登場人物の顔と名前と能力くらいは把握してから行けばよかったなと思っています。
それでも映画はとても楽しかった。
これまでの物語を知らないので、登場直後のヒーローたちはただのコスプレ集団にしか見えず、特にソーとロキに至ってはマント翻してるのがちょっと面白いくらいだったし(カーテンかよみたいなこと言われるとこがよかった)、この映画における団結のきっかけ(カード見せるとこ)はどうしても後付けにしか見えなかったんだけど、物語が進むにつれ、彼らが「ヒーロー」に見えてきたので、これはこれで味わい深い見方だったようにも思う。
ただ唯一ハルクに関しては、変身したときの理性みたいなものがあるのかないのかがわからなかったのでそこだけは知っておきたかったな…と思います。それでも最も印象に残ったヒーローはハルクとアイアンマンだったし、彼らのほんのりした友情ににやにやしつつ、ハルクとロキのシーンは大笑いしたし、アイアンマンの期待を裏切らなさには大変満足しました。

ただやっぱり真っ先に思い出したのは「怪獣総進撃」とか「ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団」とか最近でいったら「ウルトラマンサーガ」の、みんな集合しちゃって一緒に戦っちゃうなんて熱いよね! っていう感覚だったので、「日本よ、これが映画だ」ていうあのコピーはなんか的外れだったような気がします。話題作りにはなったのかな。

とりあえずアイアンマンからDVD借りてきてみようと思います。いつかまた、登場ヒーローたちを把握してから見返したいな。