読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 行く年来る年日記

日記

12月28日

冬休み初日は大掃除。まずは台所周りから、ということでポッドキャストを聞きながらひたすら五徳を磨いたり、冷蔵庫の掃除をしたりした。
夕方になってから、空気穴の部分が壊れてしまった自転車に乗り自転車を買いに行った。古い自転車はそのまま引き取ってもらい、新しい自転車に乗って店を出ようとしたところで、ちょうど雪が降り出して「初雪ですね」という店員さんの言葉に「こういうの初雪っていうんでしたっけ」とか思わずつまらない返答を返しお互い苦笑してしまう。
そのまま新しい自転車に乗って、あれこれと買い物をして、喫茶店で「残り全部バケーション」を読み終えた。
最後のページでいい気分になって外にでると、ちょっと景色が違って見えたりもして、2013年はもっとたくさん本を読もうと思った。

12月29日

冬休み2日目は髪を切ってから「ホビット」を見に行った。ホビット前に、ちょっとだけと思ってコートを見に行ったら、そうそうこう言うのが欲しかったのよね…というようなコートを見つけたので勢いで購入。セール前の時期に…定価で…と思ったけどまあそういう出会いもあるのでいいと思います。
まだ硬くて着にくいけど早くこなれたらいいなと思う。

12月30日

三十日は雨。午前中は風呂掃除をして、夕方から友人9人と忘年会。友人の旦那さん(スイス人)とカタコトの英語でホビット話を延々として、トーリンかっこいいよねイエー! みたいな具合に乾杯した。この日あった友人たちは半数が外国語系の大学だった人たちで、みんな英語堪能なのに、私のカタコトを笑うことなく普通に返してくれるのでとても楽しかった。ポテンシャルあるから頑張れ、と励まされたので2013年は英語頑張ろうと思った。思ったので書いておきます。
飲み屋でお土産にもらった焼き鳥は帰りに駐輪場で見たらこんな状態になっていた。

12月31日

大晦日は午前中大掃除の続きをして、中掃除くらいはどうにか終わったかな…というところで、昨日お土産にもらった焼き鳥を携えて実家へ。
元旦が誕生日の父の誕生日ケーキを買って店を出ると、空が夕焼け色になっていて、つい夕焼けがよく見えそうな駅ビルの上にあがってみたり、反対側から見てみようと移動したりでなかなか家につかなかった。

夕食の準備が始まったところで、魚釣りが趣味の弟がおもむろに昆布じめにしてきたというブリをとりだし寿司を握り始める。弟は、幼い頃、いいことがあるたびに寿司が食べられたという刷り込みがあるらしく、寿司が大好物なのだけど、とうとうここまできたか…と感慨深かったです。おいしかった。

弟の寿司を食べる用に父がだしてきた秘蔵の醤油(寿司折についてくるやつ)が3年位賞味期限切れでつかえなかったのも感慨深かった。どこにしまっていたのやら。
夜は紅白歌合戦を見て、年越しの瞬間にどうもどうもと言い合った後に就寝。

1月1日

元旦のおせちは、もう長いことこんなふうにそれぞれにもって1回で終わり。そのぶんお雑煮をひたすら食べます。お雑煮は鶏ガラスープで、鶏肉、ほうれん草、おかかと海苔がのってるタイプ。餅をゆで始めたタイミングで父さんが写真を撮り出したりしてみんな呆れ顔で待機してるのも毎年恒例…。慌てて盛り付けるので見た目が雑ですね。今年はインスタグラムでいろんな人の家のお雑煮が見られるのが楽しかった。

お昼には昼食抜きで父の誕生日ケーキを食べた。上に乗ってるはでな花の形のチョコは全て父が食べました。その後、下の弟と妹と3人で近所の神社にいったけど、上の弟は動物がサバイバルするゲームしてた。

晩ご飯にまたお雑煮を食べた後、恒例の大貧民大会。革命もできたし大富豪にもなったので満足しました。

1月2日

お雑煮を食べてから妹と買い物へ。
コート買ったおかげでだいぶ買い物欲はおさまってたのだけど、なぜか半袖を2枚も買ってしまったので早く夏になればいいと思う。
夜はカレー初め。正月はお雑煮やら筑前煮やら鶏肉ばかりたべていたのになぜかここでも唐揚げカレーを頼んでいた。

1月3日

3日は年末から楽しみにしていた友人との映画初め。「砂漠でサーモンフィッシング」を見て、東高円寺のご飯屋さんで日本酒を飲んだり美味しいもの食べたりした。年末年始で胃袋が拡張されてしまったのか、食べ足りずに帰りに寄ったコメダコーヒーであんバタートースト完食してしまった。

今年もたくさん楽しいお酒が飲めるといいなと思った夜でした。

1月4日

4日には友人と深大寺に初詣へ。お正月の境内はなんというか期待に溢れてる感じがしていい。
深大寺は実家からも近いので割とよく来ていて、そのたびに身も蓋もないおみくじがでるのだけど、今年ははじめて大吉がでて嬉しかった。

蕎麦屋さんの座敷でゆっくりだらだらと飲み、満腹で帰宅。帰りのバスに乗りながら、まるで温泉のあとみたいにちょっとだるくて、それがいい気持ちだった。
深大寺で買った目が出るだるまは、新しい自転車の鍵につけました。

今年も良い年になりますように。