読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 「ひばりの朝」2巻(完結)/ヤマシタトモコ

ひばりの朝 2 (Feelコミックス)

ひばりの朝 2 (Feelコミックス)

「日波里」という名の中学2年生の女の子をめぐる、周囲の人々の視点から描いた連作短編集。
角度によっていい人に見えたり嫌な人に見えたり、読んでいるこちら側の「印象」の不確かさに光を当ててくれるところが、読んでいて気持ちよく感じられた1巻を経て、それでもなお物語の外側にあぐらをかいていたということに気づかされたような気持ちになる完結巻だった。
1巻で出揃ったカードが、2巻で順番に消えていく感じ。リミットがあるのを知らずに無駄遣いしている数々のチャンスに気づいたとき、でも彼らは/私は後悔するのかな。
これからも折に触れて読み返したいと思う作品でした。

印象の不確かさといえばこの2巻の美知花の回はとてもよくて、だからといって「いいやつ」に変わるわけじゃないんだけど、どこか嫌いになれないのは最後のカラーページのカットにあるように彼女が常に背水の陣のような顔をしているからなのかなと思う。
そして、その印象も読む人によって異なるのだろうし、読み終わってから感想を検索したら、肝心な部分の捉え方が私と真逆な感想もたくさんあったりして、だからいつか、監督の解釈がはいる形での映像化を見てみたいなと思う作品でもありました。

それにしても完め…!(友だちと感想話し合ったときも第一声これだった)

1巻の感想

id:ichinics:20120906:p1