読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 劇場版「魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」

見た movie

個人的にはTV版のラストがあまりしっくりこなかったので、今回の劇場版も公開までは見に行くか迷っていたのですが、見に行ってよかったし2回目も見にいってしまいました。
ともかくTV版もしくは劇場版前後編を見て面白かったなら、とりあえず劇場で見ることをおすすめしたいです。何を言ってもネタばれになると思うし、自分が最初見に行ったときの、あっけにとられる感をぜひ味わってほしいので、公開からけっこうたってしまった今となっては遅いかもしれないですができるかぎりネタばれは避けて、劇場で見れるならぜひ。
というわけで以下ネタばれです。
1回目に見たときは、大サービスからの展開にあっけにとられて見終わったあとしばらく反芻しては「いやーすごかったよね」と言ってた気がします。
思えばTVシリーズが始まったばかりの頃、まどかが魔法少女になるのは何話くらいかな、まどかの武器はなんだろうな、マミさんばりにかっこいい必殺技とかあるのかな〜! ということでわくわくしていたんですよ。
冒頭何分かの世界は、まさしくその頃期待してた「魔法少女まどか☆マギカ」だったように思います。魔法少女全員の変身シーンがあって、戦いが終わったあともキャッキャしながら帰って、
でもなんかおかしいんですよね。さやかちゃんのブレイクダンスもだけど、そういうことではなくて、こんなの絶対おかしいよ、ってなったところで我らがほむらちゃんが、その謎解きに乗り出すわけですが、2回目に見たときは、正直ほむらちゃんはずっとここにいてもいいんじゃないのかなと思ったりもしました。
ただ、最初にも書きましたが、個人的にTV版のラストにはあまり納得いってなかったので、今回のちゃぶ台返しは結構気持ちよかった。
TV版のラスト、まどかの願いが特異点ならではのスケールであったことはいいんですけど、まどかの自己犠牲で打ち止めというのはほむらちゃんが納得するのかな? とも思ってたんです。で、そんなの納得するわけないですよね、というところが確認できただけでもよかった。ほむらちゃんがなんでそんなにまどかなのかも不思議だけど、愛(名台詞)は理屈じゃないってことなんだと思います。まどかとの対話で花がほむらちゃんの心情で変化するところはすごくきれいだったな。
続編があるのかないのかはわからないですが、ほむらちゃんによる改変後の世界がどうなってるのか今ひとつわかっていないので、あってほしい気がしてます。
2回目見る前に劇場版前後編もみたんだけど、改めて「まどか☆マギカ」の物語においてまどかは象徴のようなもので、実際はほむらちゃんが主人公なんだなーと思ったし、自分は葛藤する人が主人公だと思って見てるんだなとも思った。

あと叛逆の見所といえば杏子とさやかちゃんの背中合わせの戦闘ですよね。TV版ではひたすら報われなかったさやかちゃんですが、「人生経験」を積んで今回は大活躍だったので嬉しかったです。さやかちゃんには報われてほしい。