読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 「GODZILLA ゴジラ」

見た movie

監督:ギャレス・エドワーズ
やったー! 面白かったです!

ゴジラシリーズは弟が好きで、子どもの頃によく見ていました。とはいえテレビでやっていたのをビデオにとったものを繰り返し見ていたり、弟が親にねだりまくって借りてもらったレンタルビデオで見たくらいなので、記憶に残っているのは昭和ゴジラシリーズのうちの何本かで、劇場で見たのは平成のビオランテが初かな。夏休み後に小学校のクラスで夏休みの出来事を話す会みたいなのがあったんだけど、そこで「ゴジラVSヘドラ」の話をして、まったく盛り上がらなかったのを覚えてます。
そんなわけで、特に自分自身がゴジラファンというわけではないんだけど、子どもの頃の思いで補正もあって、今回のハリウッド版ゴジラも楽しみにしていました。
そしてTwitterのTLから漏れ聞こえる(薄目で見てる)絶賛の嵐にいてもたってもいられず月曜から見に行ってみると、これがもうすごく「ゴジラ映画」で大満足でした。ゴジラシリーズを好きなスタッフが、敬意を払って制作していることが伝わってくる感じは「LOTR」シリーズと近いものを感じます。このスタッフが作ってくれてよかったなーと思えるリメイクは嬉しいですね。
びびったりガッツポーズしたりにやにやしたり大忙しで楽しんだので、あと何回か見て細かなところも確認して見たいと思います。

【以下、内容に触れます】

日本の原子力発電所に勤務するアメリカ人の研究者夫妻が直面する悲惨な事故をきっかけに、そこから15年後の世界を描いた映画。人間ドラマの部分はこの冒頭に集約されていて、あとはほとんど、ゴジラを見るカメラのような役割に徹していました。元々はもう少し人物を掘り下げる脚本だったようなのですが、そこをカットしたのは正解というか、「ゴジラ映画であること」を第一に考えたからこそなのかなと思います。だって子どもの頃に見てたゴジラ映画も人間のことあんまり覚えてないもんね。
でも「怪獣」を描くための必要最低限に絞ったことで、シンプルに感情移入しやすいドラマになっていたようにも思います。
ゴジラ映画でのゴジラは「抗えない大きな力」のようなもので、もちろん人間の味方ではないのですが、とはいえ悪と言い切れないところも魅力だと思うんです。だから私はゴジラが明確に悪役になる「モスラVSゴジラ」は好きじゃないんですが、とはいえこの2014年版はちょっとゴジラに肩入れしすぎかなーとは思いました。
渡辺謙演じる芹沢博士(1作目に登場する芹沢博士と1作目の監督である本多猪四郎監督の名前をとって芹沢猪四郎という役名になっている!のが!熱い!)が「ゴジラに委ねよう」という趣旨の発言をするところから見ても、わりとゴジラ寄りな映画だといえると思います。ただ、それでいて今回の敵役ムートー(武藤?)についても戦う事情があることを示すところとか、バランスの良い(勧善懲悪にならない)物語なのもよかったです。

見せ方もよかった。冒頭の、間近で見ていると何だかよくわからないけど、空撮で見るとなにか巨大なものが海へと這い出たことがわかる不吉なシーン。ムートーの造形のバッタ(というかカマドウマ)っぽさとゴジラの対比もよかったし、ゴジラの全身を見せるまでの焦らし方も絶妙でした。ムートーはちょっと廃棄物13号っぽさもあった。
子どもの視線を使った描写も印象的。特に主人公の小学生時代と、ハワイのシーンでの、だっこされて迫り来る波から逃げてる場面は忘れられません。この辺りの描写は特に日本のことを意識して描いていることを感じました。
それから放射能汚染区域として立ち入りが禁止されている日本のある区域の風景(廃墟化している)ももっと隅々まで見たいと思うような凝った造形でした。ここからの展開はちょっと「ぼくらの勇気 未満都市」っぽくもあった。

惜しいのは一発で覚えられるようなテーマ曲がないこと。個人的には音楽はやはり伊福部昭のテーマ曲を使って欲しかったです。でもちゃんとゴジラの大事な場面では管楽器中心の楽曲になってたりして、オリジナルへの敬意を感じるスコアだったと思います。

最後に私の好きな場面ベスト3

まだ何回か見るつもりだけど所見で盛り上がったベスト3

  • その1
    • ゴジラが最初に全身をあらわにし、大見得を切って咆哮する場面。ここで「ゴジラだ!」ってなりました。鳴き声もいい!
  • その2
    • ムートー(オス)との戦いのラスト。ゴジラといえばやっぱり尻尾の一撃が強いイメージなのですが、ここでやっとでた。まってました!
  • その3
    • ムートーメスとの戦いのラスト。その2と同じくゴジラといえば熱線(口から吐く光線みたいなやつです)攻撃なのですが、これがやっとでたシーン(背びれの描写…!)もよかったけど、終盤ガチンコバトルを繰り広げた末の、あわやというところで繰り出される熱線攻撃は最高にかっこよかったです。


このシーンもかっこよかったなあ。

なんと続編の制作も発表されて、まさかの人気怪獣たちが登場するらしいのでそれも楽しみ。インファント島は出てくるのでしょうか。