読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 ジャージー・ボーイズ

監督:クリント・イーストウッド

「Sherry」や君の瞳に恋してる、の邦題で知られる「Can't Take My Eyes Off You」で知られるフォー・シーズンズの歴史を描いた舞台の映画化で、舞台版のメインキャストを起用しているだけあってとにかく歌がすごい。フォー・シーズンズの名前を知らない人も、ああこの声は!と思うくらいフランキー・ヴァリのあの、誰もが振り返ってしまうような声でした。

ニュージャージー州生まれの一般家庭に生まれたヴァリは、地元マフィアのボスに歌声を気に入られ、不良仲間のバンドに入り頭角を現し始める。
成功からは程遠いような田舎町で、それでも彼らがショービジネスの世界での成功を目指すことができたのは、とにかくヴァリの歌声を信じていたからだと思います。彼の歌声はずっと物語の中心で輝いているのだけれど、それは同時に影も生んでしまう。
しかしヴァリもまた、自分の才能を信じて守り続けてくれた人たちを消して裏切らないんですよね。
いろいろと犠牲になっている人もいるんだけど(家族とか)、それでもヴァリがひとたび歌い始めれば、スクリーンを前にして手を叩きたくなってしまう力のある音楽映画でした。
特にすばらしいのは何といってもラストシーン。
紆余曲折あったフォーシーズンズのメンバーがようやく再結成の舞台で再会してステージの幕開けを迎え、振り返って“あの頃”の姿に戻る瞬間です。紆余曲折が帳消しになって、4人でステージに立てる喜びが結晶になったような名場面からのエンドロール。最高でした。

自分がCD店で働いていた数年間、もっともお客さんから問い合わせを受けた曲は、「Can't Take My Eyes Off You」だったと思います。ボーイズ・タウン・ギャングのディスコバージョンが人気だったせいで、その元ネタを探しにくる人が多く、そのせいもあってフォー・シーズンズの名前は馴染み深いのですが、彼らの歴史についてはまったく知らなかったんですよね。
だから、この映画は、1枚のCDや町でかかっている1曲、音楽が聴かれ続けるということの重みを改めて思い起こさせてくれるものでもありました。