PLUTO 2巻

PLUTO (2) (ビッグコミックス)

PLUTO (2) (ビッグコミックス)

浦沢直樹さんのすごいところは、絵もストーリーもとても丁寧に練られている作品を作り続けていることだと思う。もういろいろ推測するのはやめて、翻弄されてしまいたくなる。1巻めは駅前のマックで読んでちょっと泣きながら友達にメールで「よんだ?」と聞いてました。そういう盛り上がり方できる漫画って、やっぱりいい。
PLUTO2巻も、やっとでた!っていう感じなのにあっという間に読んでしまった。アトムがいいです。
巻末の手塚眞さんの文章で、当初浦沢さんは手塚治虫さんの絵を踏襲した形でアトムを描こうとしていた、というエピソードがあったけど、それをやめて、こうして、浦沢さんオリジナルの絵柄で描いたことが、このPLUTOを「リメイク」や「カバー」とは一線を画したものにしているんだと思います。