繰り返し


この日記を書きはじめたばかりの頃、ある人の日記に「自分が書きたいのは日記で、だからここに書いていることは感想文もふくめ、ぜんぶ日記だ」ということが書かれていたのを、今でもよく思い出す。
それは内容の問題というより、自分のために書いてる、という前提に近くて、私もそんなふうに日記が書きたいし、読みたいと思った。
ただ、こうして4年近く日記を書き続けてみると、少しずつ、ああこれ前にも書いたなーと思うことが増えてくる。結局、私の考えはいくつかのパターンを繰り返しているだけなんだろうかと思うこともあるし、そこから先に必要なものは、見えているようで見えないままだったり、見えているけれど届かなかったり、そもそも必要だと思えないことだったりする。そういうの、もしかしたらいつかは慣れて考えなくなるのかもしれないけど、
「前にも書いた」ことをまた書くことにためらいがあるのは、また同じこと書いてる…とあきれる自分の目線があるからだ。でも、新しいこと書きたいと思うのも、書きたいことを繰り返すのも、反対のようでおんなじなんじゃないだろうか。違うか。
とか、頭がややこしくなっても、何か書きたいなーという気分は残るので、私が日記を書くのはやっぱり、自分の楽しみなんだと思う。
でも、その「日記」という言葉が、誰かの日記に影響されているっていうのはすごく不思議なことだ。以前、私がこの日記を更新するときの癖について指摘されたことがあるんだけど、そのときも、そんなことに気づく人がいるんだなーってことに驚く反面、日記を読んでもらうことって楽しいなと思った。
口に出して話すことはないような個人的なことでも、ネットに置いとくことでそれを見たり拾ったり届けてくれたりする人がいるかもしれない、っていうのはなんかすごく、いい。ぜんぜんわからないところが特にいい。
だから、いろいろ考えてもやっぱり、何度も同じこと書くだろう。同じだと思ってることでもその先が、思わぬところからやってくるかもしれないし。