2019年に見た映画ベスト10!


12月の序盤に、昨年に引き続き友人2人と「今年の映画ベスト10」を発表しあう会をやりました。昨年と比較すると3人の間で共通して挙がった作品が多くありつつ、私が見ていない/これから見たい映画もたくさん教えてもらえてとても楽しい会でした。
そして12月も終盤となったので、その時のベストと入れ替わった作品が1作ある状態での今年のベストをまとめたいと思います。(でもそれも明日には入れ替わっているかもしれない…)

10位「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」

4時間近くあるドキュメンタリーなので、映画館でなければ一気に見るのは厳しかったかもしれない。でも、今年はアメリカのコンテンツにはまったりしたことでアメリカの「地域性」みたいなことに興味が出ていたので、この映画はNYの中の地域性みたいなものを理解するためのよい補助線になった。「リズム+フロー」でもチャンスザラッパーが、シカゴの公共図書館で音楽づくりを学んだ…と話しており、ああこれは「NY~」で見たあれだなと思ったりした。こういう、興味のある「地域」を知ることができるドキュメンタリーをもっとみたいな。

9位「映画 刀剣乱舞

実写映画と2.5次元舞台をとてもうまく繋いだ作品であるとともに、「本能寺の変」の解釈としても新鮮で満足度が高い作品でした。3回見たけど毎回面白かった。
あと、「2.5次元」を説明するときに、原作を読んでいない状態で舞台をいきなり見せても、楽しみが伝わりきらない気がする…と思っていたところに、単体で説明しきれている、しかも手に取りやすい作品がでてきたというところも大きかったように思います。海外の文通相手に2.5次元を説明する際にぜひこれを見てくれと「映画 刀剣乱舞」を挙げたけど英語版はまだ出てないっぽくて残念…。

映画刀剣乱舞-継承- 豪華版 [Blu-ray]

映画刀剣乱舞-継承- 豪華版 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • 発売日: 2019/06/19
  • メディア: Blu-ray

8位「バーニング」

村上春樹の映像化作品はいくつか見たけれど、この韓国を舞台に描かれた「納屋を焼く」であるところの「バーニング」が最も、私の好きな村上春樹の雰囲気に近いところがあるように感じた。彼女の部屋の雰囲気や、姿の見えない猫、納屋の表現、会話のテンポなど、静謐であるのにどこか宙に浮いたような居心地の悪さを残しているような感じがとても80年代の村上春樹だな、と思った。極め付けにダムが出てきたのが最高でした。村上春樹といえばやはりダムだよね…。

バーニング 劇場版 [Blu-ray]

バーニング 劇場版 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 株式会社ツイン
  • 発売日: 2019/08/07
  • メディア: Blu-ray

7位「HiGH&LOW THE WORST」

ハイローシリーズはほぼ全部映画館で見てきた程度には好きなつもりでしたが、それでもまだドラマは見切れずにいた自分がザワを見た後その足でHuluに入り直しエピソード0とドラマ版全部完走するくらいには勢いよく最高でした。もともと鬼邪高が好きで轟推しなので、村山さんの卒業がほのめかされていたりしたのには不安がありましたが、そこに現れた新主人公のキャラ設定、大正解すぎて改めて鬼邪高校が好きになりました。通いたくはないけれども。あと余白の残し方もうまくて、色々捗る。

HiGH&LOW THE WORST EPISODE.0(Blu-ray Disc2枚組)

HiGH&LOW THE WORST EPISODE.0(Blu-ray Disc2枚組)

6位「よこがお」

とても印象に残っていて、今後も折に触れて思い出すだろうなと思う作品。狂うことなくどこまでも真面目に、ある意味誠実に復讐を成し遂げようとする女性の物語。ある意味瞬間的にでも狂えてしまった側の人ばかりが解放されているように見える様は理不尽にも思えるのだけど、主人公の佇まいは「かわいそう」とも違っていて、今も時折彼女のことを考える。
深田晃司監督の作品はこれで初めて見て、見終えたあとに「淵に立つ」を見た。これもよかった。まだ見れてないものも多いけれど今後の作品は追いかけていきたい。

5位「工作 黒金星と呼ばれた男」

今年は過去作含め、ファン・ジョンミンが出ている映画を3作(コクソン、アシュラ、そしてこれ)見たのだけど、どれも全然違う人に見えるのがすごい。
工作は実話を基にした潜入捜査ものなのだけど「北朝鮮」が主題にある映画を初めて見たことの新鮮さも相まってとても印象に残った。そして、決して同じ道を歩けはしない2人の男の運命の出会いの物語でもあって、このラストシーンのこと一生忘れないだろうなと思います。ラストシーンが印象的な映画はよい映画。

工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男 [Blu-ray]

工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 株式会社ツイン
  • 発売日: 2020/01/08
  • メディア: Blu-ray

4位「マリッジストーリー」

「ブルー・バレンタイン」と比較されているのを見たりして、わりとしんどい気持ちになる映画なのかなと構えてみたのですが、もちろん辛いことはあるのだけれど、見ている間なぜかとても穏やかというか、ああ、家族ってこんな感じだよな、だめになっても良い時はちゃんとあるんだ…と思ったりする映画でした。
アダムドライバーもスカーレットヨハンソンもとても好きになってしまう映画だった。
「ブルー・バレンタイン」は引き返せる要素がなにもないことが辛い映画だったけれど、「マリッジ・ストーリー」の場合は、引き返せるタイミングをいくつも拾い上げたくなるところが辛いように思う。でもみんな幸せになってくれ、と思いながら見終えました。とてもよかった。

www.netflix.com

3位「スパイダーバース」

複数次元の「スパイダーマン」が一堂に会して事件を解決する…という物語で、その描き方やキャラクター造形の多様さなどがとても印象的な気持ちの良い作品だった。
今年は自分にとってMCU元年のような年でもあったけど、このスパイダーバースを見たのが「MCU」という言葉を理解した(MCUとスパイダーバースは別ユニバースなんだと説明されてやっとぴんときた)きっかけでもありました。

2位「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

「殺された女優」になってしまった彼女のイメージを、輝いていた女優として上書きしなおしたい(かなり意訳)ということをタランティーノが語っていたのを聞いてとてもぐっときた。事件やスキャンダルに巻き込まれてしまったことにより、その人のそれまでの活躍のことを知らないような人もその事件でラベリングして語られてしまうというのはとてもよくあることだ。そしてそれは覆すのがとても難しいことで、でもタランティーノはこういう方法でそれをやってのけたのか、というところがね、ほんと良いと思いました。

1位「アベンジャーズ/エンドゲーム」(アベンジャーズシリーズ)

アベンジャーズシリーズには完全に乗り遅れていたのですが、今年になって、アベンジャーズ終わるらしいという話を聞き、じゃあその公開までに全作品みるか〜、とアイアンマンから見はじめたらまんまとはまったというのが今年の4月〜5月、つまり平成の終わりの出来事でした。めちゃくちゃ面白かったです。これをね、せめて3年かけて追いたかったとか、そういう気持ちももちろんありますし、スティーブ&バッキー推しとしては、エンドゲームは本当に辛くて3回みて3回とも嗚咽が漏れましたしそれだけでなく、嘘だといってくれ、と思うところがないわけではないけども、そういった感情の揺さぶられ方をするようになったきっかけは明らかにエンドゲーム(の公開にあわせた履修)なので、今年の1位はエンドゲームです。「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」楽しみです。でも(以下略)

アベンジャーズ/エンドゲーム(字幕版)

アベンジャーズ/エンドゲーム(字幕版)

  • 発売日: 2019/09/04
  • メディア: Prime Video


今年のベストはこのような感じになりました。
これをみた後に「パラサイト」の先行上映もみたのですが、これは来年公開ということなので来年組に入れたいと思います。

ちなみに2010年代も終わるということで、Twitterに書いた2010年代のベスト10はこんな感じでした。

箱根読書日記

今年の秋頃はとても忙しかったので、「遠くへ行きたい」欲が募ったある朝、目前に人参をぶら下げるべく旅行サイトを開いて宿を予約した。昨年の今頃も、不意に思い立って湯河原に行ったのだけど、今年は箱根に宿をとった。
遠くへ行きたいというのは、自分にとって「移動したい」と同義で、「移動したい」は概ね「移動しながら本が読みたい」だ。
だから、予約した日までは「読みたいリスト」から旅行に持っていく本を選んで注文したり、予約した旅館の口コミを見ながらこれはすごくいいか、自分には合わないかのどっちかだな、なんて予想することを楽しんで過ごした。

そして先週末、ようやくその人参を食べる日がやってきた。16時チェックインだったので昼までFGOアトランティスがきてたので…)をやってから家を出る。
コンビニでビールとつまみを買って、ロマンスカーに乗る。小田急沿線出身なのでロマンスカーには馴染みがあるけれど、実際に乗るのはいつぶりか思い出せないくらいだ。

1冊目はハン・ガンの『すべての、白いものたちの』にした。以前お勧めしてもらってすぐ買ったのだけれど、手に取った装幀の美しさが気に入り、きっと好きな本になるだろうと「いざという時に」とっておいた。
「白いもの」にまつわる掌編集で、没頭しているうちに気づいたら別の場所にいるような本だった。まるで雪のように風景を変えていく。
箱根に着くと、側溝から白い湯気が上がっていて温泉地であることを感じた。駅前のバスに乗って10分程度で宿に着く。16時頃で、もう息が白い。チェックイン時の説明が長く、これは口コミにあった通りだなと思いながら白いお猪口に入った白い生姜湯を飲んだ。


すべての、白いものたちの

すべての、白いものたちの


昨年泊まった湯河原の宿もそうなのだけど、今回の宿もいわゆるリノベーションをした宿で、館内は古く少し祖父母の家のような匂いがした。案内された部屋は広くさっぱりとしていて、ちゃぶ台と座椅子の他に、ロッキングチェアと作りつけの文机まであるのが気に入った。
その3つの拠点をぐるぐると回りながら、今度はヴァージニア・ウルフの『自分ひとりの部屋』を読む。窓の外の、夕暮れと呼ぶには白すぎる空を眺めながら、いつかこんな風に、何もない、本を読むための部屋が欲しいと思った。

夕食を食べ、満腹感がおさまるまでまた本を読み(たまにFGOをやり)お腹が落ち着いてから温泉に入った。
小さな宿だからか、入ってから出るまで誰にも会うことなく広い湯船にのんびりと浸かることができたのは嬉しかった。天井から落ちてくる滴があちこちで湯の表面に波紋を広げている。水面にあたる照明のせいで、壁にその波紋が飛んでいくように映り、まるでホーンテッドマンション(にある霊が飛んでいく場面)のようだなと思ったりもした。
部屋に戻って、布団と白いシーツ、白い羽布団、白い枕、白い毛布のセットを用意しておいてから(自分でひくタイプの宿だった)、買い込んできたビールを飲みつつまた3か所を回る。

風呂が気に入ったので、「朝風呂にも入りたい」と思いながらいつもよりは少し早めに寝たが、結局朝食ギリギリに目が覚めたのでやはり早起きは向いていない。朝食に湯豆腐が出たので、これもまた白いものだなと思いながら食べた。箸で割るときに少し弾力を感じるのが楽しい。
食後、チェックアウトまで2時間程度あったので(そしてその時間にはもう風呂が閉まっていたので)ギリギリまで本を読んで宿を後にした。

帰りは下り坂なので駅まで歩くことにした。箱根に来たかったのは好きな作品の舞台だからでもあるのだけど、どの道も「これがあのキャラクターたちの地元なのだな」なんて考えながら歩けばまだ見ぬ思い出の宝庫だった。今年は紅葉が遅かったので、まだ所々に赤や黄色の葉が見えるのも美しく、深呼吸をするとどこか甘いような匂いがした。
駅に出てから、その作品に出てくる好きなキャラの実家(のモデル)と言われている旅館を見に行くためにまたバスに乗った。写真では何度も見たことがあったけれど、実際に目の当たりにすると、その実在感が増すというか、彼ならこの文字が消えかけている駐車場の案内が気になっていたりするんじゃないかとか、この階段を掃き掃除したりしていたのかなとか、ここから駅にでるときは、バスなのか自転車なのかとかあれこれ想像できてよかった。
歩いて数分のところにある庭園も気持ちがよく、せっかくなのでまた本を読もうとしたが、寒かったので早々に退散した。

年始に実家に行く際の手土産にしようと思い、和菓子屋にも寄った。日持ちのする菓子を買いつつ、視線は名物の湯もちに釘付けになる。「すべての、白いものたちの」のなかに「タルトック(白い餅)のように美しい赤ん坊」という表現が出てきたのだけれど、それはこの餅のような白さだろうか、と考える。店が混雑していたので「追加で湯もちもください」と言えずじまいだったことをこれを書いている今も少し悔やんでいる。

帰りもまたロマンスカーに乗り、そこで『自分ひとりの部屋』の続きを読み終えた。これはケンブリッジ大学の女子カレッジで行われた「女性と小説」という講演をもとに書かれた本で「女性が小説を書こうと思うなら、お金と自分ひとりの部屋を持たなければならない」ということが繰り返し語られている。これが書かれた時代と現在とでは、随分良くなったところもあればーー依然として変わらないところも多数ある。
最近身の回りで起こったいくつかの(主に仕事がらみの)理不尽な出来事と重なる部分もありつつ読んでいたので、5章のラストには思わず視界が滲んでしまった。ここはクライマックスなので抜き書きはしないけれど、続く最終章の

「性別を意識せざるを得ない状況をもたらした、すべてのひとたちの責任が問われねばなりません」
「明らかな偏向を持って書かれたものは滅びる運命にあります」

という部分を読み、今この本を読めてよかった、と思った。

窓の外は流れている。座ってじっとしているという意味では自分の家と変わりないのに、なぜ移動している時の方が本に没頭できるのか、いつも不思議に思う。
それはある意味、移動している最中が自分にとっての「自分ひとりの部屋」だからなのかもしれない。

自分ひとりの部屋 (平凡社ライブラリー)

自分ひとりの部屋 (平凡社ライブラリー)

とりつく島

たまに、とりつく島がない、と言われることがある。
この日記のことだ。わかるような気もするけれど、どうやったら島を作れるのかがよくわからない。
仮に私が流されていたとしたら、どのような島にとりつきたいだろう。それ以前に、私は泳ぎが得意ではないので、島を見つけるまえに沈んでしまいそうである。つまり、任意の島にとりつくためには、まず泳ぎの練習からはじめなければならない。
しかし、生まれてこのかたクロール25m以上の成果を出せたことがない私の場合、ビート版でも抱えておくのが賢明ではないか。ビート板はいい。冷たい水の中でも、ほんのり暖かく感じられるところが良い。コピーされたての書類みたいな、慎ましく儚い暖かさだ。
もう20年以上触れてすらいない気がするけれど、おそらく私の島はビート板のようなものだろう。
だだっぴろい海で、ビート板のみをたよりに浮かんでいるところを想像する。周囲にとりつく島はない。

432番

健康診断が苦手だ。
更衣室で防御力の低い館内着に着替えなくてはいけないのも嫌だし、緊張する検査が多いので単純に気後れするし、ピンク色の待合室で、揃いの館内着を着た人々とぼんやり呼ばれるのを待っていると、なんだか自分が自分でなくなっていくような気がする。432番。その番号で呼ばれるのはもちろん個人情報保護の観点から見ても正解なのだし、あちこちのドアが開いて各種番号が呼ばれ適切に処理されていくこのシステムには関心する。私はここで働いている自分のことを想像する。そちら側にたてば、432番なんて流れていく水の一滴にすぎないということをイメージする。

それでも、寝台に寝転んで腹部や胸部にゼリーを塗られ、あちこちチェックされているとーーおそらくそこで所見を述べてはいけないという決まりになっているのだろうけれどーーその辺を執拗に見ているのはなぜなのでしょうか、と声をかけたくもなる。しかしこの部屋には、それを許さない雰囲気があり、私はおとなしく寝台に横たわってゼリーを塗られているこの状態の虚無に思いを馳せる。

かつて、たまらず声をあげてしまったことがあった。バリウム検査だ。白いどろっとした液体(軽く300mlはありそう)を手渡され「飲んでください」と言われたものの、2口くらいで限界を感じた。基本は言われたらやらなきゃ…となるタイプなので頑張って5口くらい飲んだがまだ1/3も減っていない。恐れをなして「これって全部飲まなきゃだめですか」と聞いてみる。返事はない。技師はすでにガラス戸の向こうに移動してしまっていて、こちらの声は聞こえないようだ。なんとかアイコンタクトを取ろうと、コップを掲げ、首を傾げてみる。スイッチの入る音がして「早く飲んでくださいね」と声がした。おしまいだ。

だから432番は今日、朝食を食べてきてしまったという愚行を敢えて告白することで、バリウム検査を逃れた。すでに撤退戦なのである。だからせめて、今あるものだけでもこなしていかなくては…と自分を鼓舞してもなお抵抗があるのは婦人科検査だ。
やったことのある人々にはわかると思いますけれど、あの上半身と下半身を切り離したかのような設備もディストピア味があるし(とはいえ医師と顔を合わせたいわけではない)、見守り中の筋腫もあってこわいし、状況を客観的に捉えてみるだけで紙やすりのような心持ちになる。だからせめて「私は自分の意思でこの検査を受けにきたのだ」ということを思い出したいのに、
ドアが開いたり閉じたり番号が呼ばれたりする。もうずいぶん長いこと、ここにいるような気がする。番号を呼ばれた際に素早く行動したからといって、432番の覚えが良くなるわけではないとわかっている。それなのに私は、彼らの呼びかけを聞き逃さないようにと、防御力の低い館内着のままじっと、採血した右腕をおさえている。

スパンコール

たまに、どこに着ていくあてもない、なんだか派手な服が欲しくなる。
普段はどちらかといえば着心地重視な服装をしているのだけど、時折どうしても欲しくなるそのような服は、どう考えても普段着には適さない。つい先日も花柄の刺繍が施された燕尾ジャケットと黒のスパンコールのパンツを比較して「スパンコールの方が普段づかいできるかな…?」まで考え、私の普段とはなんなのか自問した。週5で通勤電車に揉まれる会社員である。黒のスパンコールパンツを履く機会はほぼない。

思えば自分で洋服を買えるようになった頃からその傾向はあった。
高校生の頃、赤白黄色青など派手な色のストライプのベルボトムを買って、一度も着なかった。
大学生の頃は60~70年代の古着にはまり、派手な服を大量に買っていたけれど、まあ大学生なのでわりと着るチャンスはあった。でもビーズ刺繍が施された白のミニワンピースはさすがに普段着には厳しかった。
自分内古着ブームが終わっても、唐突に、「着る機会はないかもしれないけど/だからこそこの服が欲しい」はやってきた。
星柄のスカート、ピンクのヘビ柄ブーツ、紫のベルベットワンピース、マキシ丈のトレンチコート(めちゃくちゃ重い)etc。一番最近買ったこのカテゴリの服は、緑のサテンサロペットだ。

着る機会なんて1生に1度しかないかもしれないような服が欲しいとき、似合うか似合わないかはほとんど問題ではない。おそらく私は、その服を着る人物を想像し、それになる、もしくはその気配を家に持ち帰るために買うのだと思う。
そう考えていて、ふと、それこそドラァグレースにおける「リアルネス」じゃないか、と思った。
洋服は着る物であると同時に、それを着る人物を表す概念なのだ。残念ながら、私にはそれを手に入れても、着こなせずに終わることがしばしばあるのだけど、
だからこそ、それを実際に着こなして「なりたいになる」クィーンたちに憧れるのだと思う。

そして私は再びショッピングサイトを開き、黒のスパンコールパンツを眺めながら「ドラァグクィーンのイベントに行くときに着れるのでは?」と閃くのでした。