週末日記/金曜寿司、舞台「キングアーサー」、初めてのD&D

金曜

一度帰宅して放鳥、おやすみカバーをかけたのちに整体へ向かう。
年始は皆疲れが溜まっているのかなかなか予約が取れず、この日ようやく整体初めだった。
通い始めた頃よりはだいぶ楽になっている実感があるけれど、施術後の体の開放感にやっぱりもう少し通おうと思う。

軽くなった体のまま、駅前の回転寿司で夕食。
とろたく巻をつまみながら、金曜日だしビールも飲んじゃえとなって、回転寿司やのタッチパネルを操作している瞬間、これが「打線を考える」ってやつかなと思うなどする。
後から来店したおじいさんが、座るなり「何時まで?」と声をかけ、22時までです(そのとき21時15分頃)との返答に「よっしゃ」と気合を入れて熱燗を注文していたことに、ちょっとした連帯感を感じつつ食べ終える。


土曜

朝起きて、食べるもの(最近よく朝に食べている小さいパン)を買い忘れたことに気づく。最近は起きてすぐの食欲がなさすぎて、小さいパン以外の選択肢が思いつかないのだ。かといって何も食べないのもな〜なんて思いつつ部屋の片付けをしていたところ、正月に妹にもらったパンプキンパイ(賞味期限今日まで)を発掘し、それを朝ごはんとする。

放鳥をして、掃除をして、Tverで気になっていた番組(「CITY LIVES」*1)をみたりしてすごした後、駅前の定食屋でお昼を食べてから、楽しみにしていた舞台「キングアーサー」を観劇しに新国立劇場へ。
コロナ禍序盤に楽しみにしていた舞台がコロナによって中止となって以来の、久しぶりの観劇だ。中止になった舞台(「ヘアスプレー」)も、今回の「キングアーサー」も、目当てのひとりは髑髏城*2を見て好きになった平間壮一さんだった。
そして、なんと今回は佐江ちゃん*3も出演するのである。アミューズの人との共演は多いのでいつかはこういう機会もあるかもと思っていたけれど、まさか恋人同士の役で見るとは思わなかったのでソワソワしてしまう。しかも今日はこの2人と東山光明さんのアフタートークもあって、目と脳がお祭り騒ぎだった。

舞台「キングアーサー」では、アーサー王伝説の中でも、アーサーの駆け出し感が強いというかまだ初々しい王であるところのアーサーが周囲に振り回される様子が描かれており、浦井さんの瑞々しい歌声がよくあっていたと思う。
一方、アーサーへの裏切りとして描かれることの多いランスロットとグネヴィアの恋については、意外なほどに切実で一途な恋物語として描かれていたように感じる。佐江ちゃん演じるグネヴィアは3人から思いを寄せられ、2人の男性を好きになるわけですけど、それぞれへの感情とその移ろいが物語の展開に結びついているという重要な役どころ。ここまで色々あったよね、、と本当に感無量です。
平間さん演じるランスロットとグネヴィアがついに手を取り合ってしまうシーンは、あの親指の仕草にめちゃくちゃときめきました。

本当、これまで単独で双眼鏡で追ってきた人が2人とも視界にいるのが不思議だった。
大満足で帰宅したものの、久しぶりの観劇で少し腰が痛い。

日曜

昨年末にはじめて参加させてもらったTRPGの会と同じメンバーで、今回はD&Dを遊ばせてもらった。同じメンバーということもあり、前回よりも少しだけ視界がひらけた感がある。
TRPGよりは戦闘シーンがメインに据えられている印象で(これはシナリオによるとのこと)、タクティクスオウガやFE、世界樹の迷宮など、これまでプレイしてきたさまざまなゲームの元祖はこれか…という面影を感じつつ、人力だからこその自由度というか分岐の可能性に長く遊ばれてきたのも納得の魅力を感じた。

小学生の頃、ファミコンがある子の家に集ってドラクエやってるのを見ながら後ろで自由帳にダンジョンマップを描いてた頃のことを思い出しました。友達の家でもやってたし、我が家は4人きょうだいに1ファミコンだったので、家でもその状態は多発していた。

オモコロチャンネルで最近公開された動画に、この日やったものと同じシナリオの冒頭プレイ動画(静けさ卿!)があったので見返すのも楽しみ。

【TRPG】おじさんが本気で創ったキャラになりきってファンタジー世界を冒険しよう!【ダンジョンズ&ドラゴンズ】 - YouTube

帰りが少し遅くなってしまったことで文鳥が慌てており申し訳なかった。
帰宅が文鳥の就寝時間より遅くなるときは、部屋の電気を消しておき眠れるようにしておくのだけど、この日は消さずに出てしまったので、寝付けなかったのだ。
5分だけ放鳥してケージを片付けておやすみカバーをかける。最近換羽期でくちもとがはげているのだけれどそれもまたかわいい。

2022年に読んだ本

自分がどのくらいのペースで本を読んでいるのか知りたくて、昨年はじめて読書系のアプリを使ってみた。
仕事で読んだ本や、資料として飛ばし読みをしたものは除いて、結果はまあまあ予想通りの月4冊/年48冊で、こうして冊数として把握できてしまうと、自分が生きているうちに読める冊数はどのくらいか…というのも目安がついてしまうので、そうそう気軽に積めないなとも思う。

記録をしてみて面白かったのは、自分がどのような流れで本を手に取り、次読むものを選んだのかが思い出せるところだ。
例えば2022年は年始に『同志少女よ、敵を撃て』を読んだあと、参考文献として挙げられていた『戦争は女の顔をしていない』を読んだ。
そして、これらを読み終えた直後に、ロシアのウクライナ侵攻のニュースがあり、Netflixで「イカロス」というドキュメンタリー映画を見た。そして「イカロス」に登場したロドチェンコフ氏の愛読書として『一九八四年』のフレーズが紹介されているのを見て、そういえば読んだことがなかったなと思い手に取った。(ちなみに現在は「ジョージ・オーウェル 『一九八四年』を読む」を読んでいる)

www.netflix.com


落合博満ブーム

買ってよかったもの*1にもあげた『嫌われた監督』は自分にとって2022年最大のブームというか影響を受けた本になった。
これをきっかけに読んだ落合監督関連本は計6冊で…、と書いて気づいたけど、野球関連の本は読書という感覚じゃなくてアプリに記録するのを忘れているのも結構あったけどまあいいか。
『嫌われた監督』は原点として、副読本としてよかったのは『証言』(ムック本)、それから中日ファンの友人がすすめてくれた『フクシ伝説』です。


津村記久子ブーム

今年の後半は津村記久子さんブームでもあった。
入院中に『とにかくうちに帰ります』を読んだのがきっかけで、臨場感あふれる「豪雨の中帰宅しようとしている人々」の様子を読むことが、とても良い気分転換になったのだった。
それからサッカー2部リーグを舞台に描かれる群像劇『ディス・イズ・ザ・デイ』は落合さんの講演会を聴きに行く新幹線の車内で読み始めた。これまでスポーツに関わりのない人生を送ってきたので「スポーツを応援するとはどういうことか?」なんてことが気になったりしていたのだけど、そんな自分にはうってつけの本だったと思う。
スポーツファンになるにおいて「過程の正しさ」なんてものはなく、いろんな楽しみ方があるんだということがいきいきと描かれていたし、皆それぞれ応援することで支えられもしている、という点では私がこれまではまってきたものと同じなんだなと思えた。
それから『浮遊霊ブラジル』に収録されている「給水塔と亀」。津村記久子作品における、こういった、特に活躍しているわけじゃないおじさん/おばさんが特に活躍しないまま主人公である様が大好きです。

そんな具合に津村さんのファンになってしまった今年だけれど、思えば2021年にはチョン・セランさんとのオンライントークイベントを見たりもしていたし、その頃から好感はもっていたのだ。でも今はすっかり「私(たち)の作家だ!」みたいな気分なので面白い。今後は新刊が出たら必ず買って読むと思う。


読書

2022年は初めて読書会に参加して、定期的に本についての話をできたのも面白かった。
お互いの感想に共感し合うのもいいけれど、自分と全く違う感想を聞くことができるのが特に「読書会ならでは」という感じで面白い。
『居るのは辛いよ』などは読書会のテーマになったから読んだ本で、そういったきっかけをもらえたのも嬉しかった。


1年の記録を見返してみて気になった点としては、自分は「今年出た本」を予想以上に読んでいない、ということだろうか。
まあ、世の中にはまだ読んだことがない本が大量にあるので「新刊を」読まねばという気持ちはあまりないんだけど、これはつまり映画とかと比較するとあまり「話題作」的なものを手にとっていないということでもある。
ただ、新しいものにはやはり「今」の雰囲気もあるよなというのを『方舟』あたりを読んで感じたりもしたので、もう少し割合を増やしてもいいのかもなと思っています。新刊として読んだ本で面白かったのは『プロジェクト・ヘイル・メアリー』や『優等生は探偵に向かない』(『自由研究には向かない殺人』の続編)あたりでしょうか。


なんて言いつつ、読書は「読む気になった時」が読み時だと思うので(『とにかくうちに帰ります』が今年ベストタイミングだったように)、とりあえず積んだりもしつつ、今年もその時々のベストタイミングな本をたくさん読めたらいいなと思います。

体力の面影

年始に会った友人と「今年の目標」の話になったとき、思わず「肩こりからの卒業」と答えた。
冗談半分ではあったけれど、気になる症状は著しく集中力を削ぐため、まずこの肩こりをある程度解決してからじゃないと今年の目標なんて考えていられない…というのも本音だった。
とはいえその肩こりも、去年の秋に比べたら多少はマシになってきた。

時々、100点満点の元気状態は自分にはもう来ないのかもしれない、と思う。年をとるとはそういうことなのかも。
ならば、大人が若い子に「今のうちにやっておけ」といった類のことを言いがちなのことにも合点がいく。というか私もそう言いたくなることがある。
若者からしてみれば余計なお世話だが「今が一番元気なんだから」と言う大人は、若者に宿るかつての自分の体力の面影を懐かしんでいるだけなのだ。

とはいえ、生きているうちでは今が一番若いともいいますので、今年は運動とかを頑張りたいなとも思っています。HPを増やすことで楽になる伸び代があることを信じて。

一昨年から抱えてる仕事が昨年春からずっとハラハラしどうし、みたいな状況で精神衛生に悪く、今週はくるとこまできた感じでとても参ってしまった。金曜日になって少しだけ光明が見えたので、この灯火をどうにか育てていきたい、という気持ちもありつつ、
正直なところ現在の不調は、処方薬の副作用*1からこの案件のストレスに切り替わったような感触もあるので、
ここまでの成果を手放せばいつでも仕切り直せるし、手放しても大丈夫というのを合言葉に、参らないことを優先できる心構えをしておきたい。いやーほんとに参ったね。
最近はmstdnもたまに使ってるんだけど、ほとんど仕事の弱音と体調不良の報告みたいになっていて景気が悪い。
ichico (@ichinics@mstdn.jp) - mstdn.jp

そんなしょぼくれた気分の週に、水星の魔女12話をみた(配信組)のでさらに凹んだ。
でもあれは多くの人が書いているように洗脳なので、2期でちゃんとスレッタが救われてほしいという気持ちがある。
あるんだよなあ、と思いながら風花雪月の青→赤→からの黄色ルートをやっています。学園要素いらないと思って長らく敬遠してたけどやったらまんまとはまっている。

週末は暖かいらしいですね。
寒くないのは嬉しいけれど、1月らしからぬ予想気温なのは不穏だな。

*1:肩こりも多分これ

年末年始日記

2022年の年末は、多発するトラブルが全く解決せずに*1仕事納めとなってしまった。落ち着かないが思い悩んでも解決しないため、年末年始は「一旦忘れる」を目標に過ごした。


仕事納めの日は映画「そばかす」を見に行った。ラストの映画館のシーンで、これはきっと吉野朔実瞳子」のオマージュだ!と思ったはいいけれど、検索してもそう書いてる人は見つからず、監督のSNSを「吉野朔実」で検索しても何も出てこないので私の勝手な思い込みかもしれなかった。


28〜30日の間は、会社の先輩に会ったり、友人と買い物に行ったり、帰国中の高校時代の友人と30分だけ会ったり、実家の手伝いをしつつ甥っ子と遊んだりした。気のおけない人と話すのは本当に良い気分転換になって、この時点でほぼ仕事のことは忘れることができていた気がする。
30日の夜には友人とオンラインで話をしながらドラァグレースAll Stars 7のフィナーレを見た。
シーズンや過去オルスタのウィナーを集めたAS7は、ファンにとっては夢のようなシーズンだった。何と言っても最初に好きになったクィーン、ラジャの再登板があったし、史上最高に笑ったスナッチゲームもあった。コロナによってクラウニングがオンラインになってしまったジェイダが報われる場を作ってくれたのも嬉しかったし、何より誰もフィナーレまで帰らない、というルールが良かった。思えば2022年の夏はこれを楽しみに乗り切ったところがある。


31日は掃除をしながら注文していたおせちの到着を待ち、夜はそれをつまみながら紅白〜カウコンを見るというベタな年越しをした。
紅白というよりカウコンに目標を置いていたのは、22年末に公式インスタグラムが開設されて以来、ずっとSexyZoneのことを考えていた年末でもあったから。追ってたというわけではないけれど、自分が唯一コンサートにいったことがある男性アイドルだし、周囲の友人たちが応援している様子を長らく見てきたという縁もあったので勝手に親近感が湧いていて、なのでマリウス君のいるSexyZoneを最後に見れたことに感動して、その気持ちのまま年を越しました。彼らが守られて、幸せであってほしい。
ちなみにおせちは以前Twitterで見てから憧れていた吉田類のおつまみおせちを注文。
これ用に日本酒も用意して万全の体制だったんですが、私にはちょっと、塩気が強すぎました。塩辛いものは大好きなはずなんだけど、それでもちょっと身の危険を感じる塩辛さだった。


なので1日は朝からおせちに入っていた肉類でサンドイッチを作って食べた。夜はご飯を炊いて塩辛類に手をつけるなど、塩気と格闘していた正月だったため、2日に友人の誘いでシズラーに行く予定が入ったのは本当に助かった。野菜をたくさん食べるのに絶好のタイミングだった。
シズラーはいついっても美味しく、のんびり出来て良い。たくさん話をした後、夕暮れ時の公園で大きな水場を眺めたりしてから解散。


3日は30日ぶりに実家に顔をだし、再びおせち(実家版)を食べた。両親ともに持病があり、カロリー過多にならないようにと指導されているのを知っているため、妹と頑張って食べた。母は置いてあるとさらえたくなるタイプである一方、私を含む子どもが皆それほど食べる方ではないので、母が食べすぎてしまうのはまあ私たちの責任でもあるのだ。
実家に行く際はついつい食べ物を手土産にしがちなのだけど、それもちょっと考えたほうがいいなと思い、最近はルピシアのお茶ばかりになっている。


4日はロイヤルホストでパフェ初めをしながら野球の話。最近気になっている、というか好きな選手のグッズをもらってスコンと気持ちが傾いてしまい、今年はこの人を軸に応援していこうかなという気分になる。まあまだわからないけれど…今年はまずいろんな球場で野球を見てみたいなと思います。
鳥を飼っているので泊まりがけで行動するハードルが上がってしまったのだけど、デイゲームであれば名古屋くらいまでは日帰りできるかな?


そんな感じで、年末年始を存分に楽しんだのでいまだに休みが恋しい。
5日に初出勤をすると、全てが去年の続きで悲しかったです。


*1:主に新型コロナウイルス感染症の流行の影響

2022年の映画ベスト10

2022年はそれほど映画館に行けず、劇場で観れたのは30本くらいだったのですが、その中でも個人的には映画における「死」の扱いが気になった年のような気がしています。
もちろん映画ではよく扱われるテーマではあるんだけど、映画を見ながら、この世界的な感染症の流行下では制作側が思うよりも観客の感じ方が変化するスピードの方が早いのかも……と思うことがたまにあったし、自分の受け止め方の変化も感じた年でした。
あと友人たちとランキング発表会をしてて思ったのはやはり年間ランキングは自分の思い入れランキングであり、2022年は特にその要素が強い1年だったなと思います。

というわけでベスト10!

10.ナイブズ・アウト: グラスオニオン

晦日に配信で見ての滑り込みです。
中盤までで事件の概要を描き、あるネタばらしをして引きつけた上で、謎解きのターンに入るっていう構成もよかったし、あちこちにコロナ禍あるあるみたいなネタがあるのも、地続きの世界の話なんだなと感じられてよかった。
終盤のスカッと感も楽しく、年末に見るのにぴったりでした。
今年は漫画でも今と地続きに感じられる描写があるものにぐっときがちだったな(「明日カノ」「ブルーモーメント」など)。

ブルーモーメント (ハニーミルクコミックス)
明日、私は誰かのカノジョ(1) (サイコミ×裏少年サンデーコミックス)

9.THE BATMAN

いろんなバットマンがありますが、今まででいちばん「生身の人間が過剰に頑張っている」バットマンで、バットマンをやるのは楽じゃないというのが切実に伝わってきてよかった。
頑張っても全然良くならないしんどさよ…。エルロイ小説のような雰囲気も大変好みでした。

8.マリー・ミー

五臓六腑に染み渡る、そう、今見たかったのはこういうの!!となる現代のラブコメ。なんでこの2人が!? って図にちゃんと見えるのも良いし、でもまああの状況ならギリギリあるか? と思わせるいい塩梅のおとぎ話。
Netflixで見たジェニファー・ロペスのドキュメンタリー(Watch Halftime | Netflix Official Site)とあわせて。

7.ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバ

同じく今年公開されたMCU「ソー:ラブ&サンダー」を見て、このような疫病の流行下におけるフィクションで「病死」を扱うことの難しさを感じていたのですが、
その後に公開されたこの「ワカンダ・フォーエバー」は、現実の死をフィクションで扱うというさらに難しいことをやっていて、それを関わる人全体の敬意によって成し遂げている、と感じさせてくれたことが印象に残った。
実在の人物について描くこととフィクションの関係性はとても危ういものだと思うんだけど、ファンにとってもスタッフにとってもティ・チャラというキャラクターとチャドウィック・ボーズマンが分かち難い存在であったからこそ、この方法が取られたのだろうなとも思う。

6.トップガンマーヴェリック

トップガンを見たことがなかったので見に行く数日前に初めて見たんですけど、若きトムの笑顔の眩しさと、概念としての「憧れのアメリカ」が満ち満ちに詰まっていることに結構感激してしまった。
そこからのマーヴェリックでは、映画としての面白さが格段にパワーアップしており、大ヒットも大納得だったのですが、これはちゃんと「トップガン」を昔見たことがある状態で体験したかったなという気持ちがあったためのこの順位です。

5.NOPE

映画館で映画を見る気持ちよさ面白さの詰まった映画だった。
NOPEによって、自分は監視カメラ映像などの「ここではない場所をリアルタイムの映像で見る」というシーンが怖いんだな、ということに気づいてしまった。

4.THE FIRST SLAM DUNK

原作しか読んでなくて(アニメ見てない)、しかもしばらく読み返してないから心配だったけど何も問題がなかった。というか10代とかで読んだ漫画の記憶への刷り込まれ具合の深さを思い知りました。まさか2022年になって、中学時代の宮城と「まだ」の三井が出会ってたことを知るとは思わなかったです。
そういった「みんな」に再会して新しい一面を知れるという意味でもすごい作品だったし、
純粋にめちゃくちゃ面白い試合を映画館で観戦できる映画でもあって、本当にご褒美みたいな作品だなと思います。こんなことはなかなかないですよ。ありがたいことです。

あとかつて日記に全巻感想メモを書いていたのをすっかり忘れていた…。
SLAM, DUNK の検索結果 - イチニクス遊覧日記

3.スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム

もうネタばれしていい頃かと思いますが万が一まだこれを知らない人がいたらと思うとあれなのでふせったーに書いた感想を置いておきます。



2.すずめの戸締り

公式からの注意喚起をみて、震災に関わる話なんだろうなというのは知っていたので少し構えて見たのですが、もちろん見るのが辛い人もいる作品だと思うので、万人におすすめはできないけれど、私は見て良かったなと思いました。震災を扱うと聞いたとき、自分が真っ先に危惧した死者に語らせる表現などがないのも良かった。
個人的なことを書くと、自分は学校向けの媒体で働いているのもあり、2011年から少なくとも5年以上は、常に今学校に通ってる子どもたちは何歳で震災を体験したのかということを軸に特集を考えていました。なので「すずめの戸締り」はまず、あの頃幼かった主人公が今高校生になって生き生きとしている、ということにまずぐっときてしまった。
あと、テレビの番組で、主人公と同世代の女の子が、この映画を見たことで初めて友人に自分の被災体験について話すことができたと話しているのを見て、そういった意味でも意義のある映画だと思います。

1.HIGH&LOW THE WORST X

須嵜亮と天下井公平のことを考えるととても元気になります!!


そんな感じの1年でした。
2023年はもっと映画館に行きたいし、今年の「トップガン」みたいに、実はまだ見てなかった名作みたいなのをもっと見ていきたいなと思います。「ボディガード」も2022年に初めて見ました。

昨年のベスト10はこちら
ichinics.hatenadiary.com