週末日記/展示、ぼっち・ざ・ろっく、やる気の出ない日

金曜日

有休。用事を済ませた後、手紙舎の店舗でやっている山根大典さん*1の展示を見に行く。
山根大典さんの鳥の造形物をいつか欲しいと思っていたのでうってつけのチャンスだったのだけれど、いざ目の当たりにすると自分の家にこれを置くのにふさわしい場所はまだないような気がした。ので、まずは片付けよう、と誓い見送ることにする。
でもすごく素敵だった。欲しいタイプの鳥は決まっているので、あれをおける家を目指して物を減らしていきたい。

帰りは少し遠くの駅から歩いて帰ることにしたものの、結構寒かったので途中で喫茶店に入る。初めて入った店だったけど、内装もいい感じでモーニングもやってるとあったので、これから通うかもしれない。


土曜日

午前中は歯医者の定期検診。この年になっても歯磨きをほめられると嬉しい。

一度帰宅して昼食を食べながら「ぼっち・ざ・ろっく」の最終回を見る。「ぼっち・ざ・ろっく」、3日くらいで完走してしまったけれどすごくよかったです。
私は自宅が小田急沿線なことと、学生時代からそれなりの期間下北沢で働いていたのもあり、映る景色に見覚えがあるだけでもなんかぐっときてしまう。
特によかったのは10話で「台風の中、わざわざ来てくれた人が目の前にいる」という失敗できない状況で、ぼっちが自発的に動くことができた場面。
思い切り俯き前髪で顔がよく見えないプレイスタイルはRadioheadのジョニーグリーンウッドにちょっと似てる気がしたし、私はこのライブみたらぜったいぼっちのファンになると思った。その確信を抱いたまま最終回を迎えました。

ED「転がる石、君に朝が降る」の余韻でふわふわしたまま夕方から飲み会へ。
インターネット上ではやり取りしていても、会って話ができるというのはやっぱり嬉しいな〜と思う。
好きなものの話を聞くのも楽しくて、気持ちが潤って帰宅。

ところでこの日は母親の誕生日だったので、プレゼントに着る毛布を送っていた。
届いた知らせが夕方頃に来ていたのだけど、夜になって妹から「気が合いますね…」と別の着る毛布を着ている母親の写真が送られてきて笑ってしまった。つまり私も妹も着る毛布を送っていたのでした。
プレゼントは大体相談してるんだけど、今回たまたま相談しなかったんだよね。

日曜

掃除して洗濯して文鳥とたくさん遊んだ日。
文鳥は換羽期で疲れているのかアイリングが薄いので心配になってしまう。早く生え替わりますように。
作り置きもしたかったけど、夕方頃に急速にやる気を失い、一品しか作れずに終わった。
せめてひと月くらい冬眠したい気持ちがある。

初めて鳥貴族に行った日記

木曜の夜、金曜に有休をとっていたので実質今日が金曜日! ということで、初めての鳥貴族に行ってきました。
鳥貴族、人気だなと思ってはいたんですが、流行り始めたのが社会人になってからでチェーン系の居酒屋に行く機会が減っていたこと、そもそも自分の行動圏に鳥貴族がなかったことなどから縁遠い存在でした。

でも最近「鳥貴族は女性の1人飲みに向いている」というような記事をどこかで読んで(記事ではなくてTVでぼる塾の方のおすすめを聞いたのかもしれない…?)ご時世的にもうってつけではと思い機会をうかがっていました。
それから、最近移動中によく聞いている「匿名ラジオ」のどこかの回に「それって鳥貴族で飲んでる若者じゃん」というようなセリフがあり、好ましいニュアンスを感じたもののぴんとこなかったことから、その文脈を理解したい、と思ったのもある。
そんなわけで、平日夜なら空いてるだろうと満を持して向かうことにしたのでした。


入店して通されたのは半個室のような2人席で、なるほどこれは1人飲みにピッタリの席構成だなと思う。
メニューをみると、どうやら飲み物まで含めた319円均一らしい(それも知らなかった)。
え、安…となってつい気になるものを次々と頼んでしまったわけですが…
結論から言うと、ひと皿のサイズ感がわからない状態で気軽にあれこれ注文するのは危険でした。319円なのにちゃんと食べ応えのある量が届くので、1人だと肉系は3皿くらいが限界かもしれない。そして私は5皿注文した(ごめんなさい)。
あと頼める野菜系のメニューがきゅうりとキャベツくらいしかないのも中年にはきついよね。キャベツだけでどうにかなる年頃ではないので…。

注文用のタブレットには「トリキバイト部」というバイト募集の広告が「青春はここにある」といったメッセージとともに流れている。確かに店員さんはみんな若くいきいきとしている。
有線でかかる「Kick Back」を背景に笑い声が響く店内で、頼みすぎてしまった鶏肉(もも貴族焼のボリューム感よ)を前に途方にくれる私は少々場違いだったかもしれないけれど、知りたかった「トリキ感」みたいなものは味わえて満足でした。

そんなわけで胃袋的には少々ハードな初挑戦になりましたが、特にいいなと思ったメニューは「ホルモンネギ盛りポン酢」です。すぐでてくるし、数少ないさっぱり系のメニューだしちゃんとおいしい。
次があるとしたら、これとプライドポテトだけでビール2杯いただいてサッと帰る感じかな、なんて思っています。めちゃくちゃ喉が渇いた夏の帰り道とかでやります。

www.torikizoku.co.jp

週末日記/金曜寿司、舞台「キングアーサー」、初めてのD&D

金曜

一度帰宅して放鳥、おやすみカバーをかけたのちに整体へ向かう。
年始は皆疲れが溜まっているのかなかなか予約が取れず、この日ようやく整体初めだった。
通い始めた頃よりはだいぶ楽になっている実感があるけれど、施術後の体の開放感にやっぱりもう少し通おうと思う。

軽くなった体のまま、駅前の回転寿司で夕食。
とろたく巻をつまみながら、金曜日だしビールも飲んじゃえとなって、回転寿司やのタッチパネルを操作している瞬間、これが「打線を考える」ってやつかなと思うなどする。
後から来店したおじいさんが、座るなり「何時まで?」と声をかけ、22時までです(そのとき21時15分頃)との返答に「よっしゃ」と気合を入れて熱燗を注文していたことに、ちょっとした連帯感を感じつつ食べ終える。


土曜

朝起きて、食べるもの(最近よく朝に食べている小さいパン)を買い忘れたことに気づく。最近は起きてすぐの食欲がなさすぎて、小さいパン以外の選択肢が思いつかないのだ。かといって何も食べないのもな〜なんて思いつつ部屋の片付けをしていたところ、正月に妹にもらったパンプキンパイ(賞味期限今日まで)を発掘し、それを朝ごはんとする。

放鳥をして、掃除をして、Tverで気になっていた番組(「CITY LIVES」*1)をみたりしてすごした後、駅前の定食屋でお昼を食べてから、楽しみにしていた舞台「キングアーサー」を観劇しに新国立劇場へ。
コロナ禍序盤に楽しみにしていた舞台がコロナによって中止となって以来の、久しぶりの観劇だ。中止になった舞台(「ヘアスプレー」)も、今回の「キングアーサー」も、目当てのひとりは髑髏城*2を見て好きになった平間壮一さんだった。
そして、なんと今回は佐江ちゃん*3も出演するのである。アミューズの人との共演は多いのでいつかはこういう機会もあるかもと思っていたけれど、まさか恋人同士の役で見るとは思わなかったのでソワソワしてしまう。しかも今日はこの2人と東山光明さんのアフタートークもあって、目と脳がお祭り騒ぎだった。

舞台「キングアーサー」では、アーサー王伝説の中でも、アーサーの駆け出し感が強いというかまだ初々しい王であるところのアーサーが周囲に振り回される様子が描かれており、浦井さんの瑞々しい歌声がよくあっていたと思う。
一方、アーサーへの裏切りとして描かれることの多いランスロットとグネヴィアの恋については、意外なほどに切実で一途な恋物語として描かれていたように感じる。佐江ちゃん演じるグネヴィアは3人から思いを寄せられ、2人の男性を好きになるわけですけど、それぞれへの感情とその移ろいが物語の展開に結びついているという重要な役どころ。ここまで色々あったよね、、と本当に感無量です。
平間さん演じるランスロットとグネヴィアがついに手を取り合ってしまうシーンは、あの親指の仕草にめちゃくちゃときめきました。

本当、これまで単独で双眼鏡で追ってきた人が2人とも視界にいるのが不思議だった。
大満足で帰宅したものの、久しぶりの観劇で少し腰が痛い。

日曜

昨年末にはじめて参加させてもらったTRPGの会と同じメンバーで、今回はD&Dを遊ばせてもらった。同じメンバーということもあり、前回よりも少しだけ視界がひらけた感がある。
TRPGよりは戦闘シーンがメインに据えられている印象で(これはシナリオによるとのこと)、タクティクスオウガやFE、世界樹の迷宮など、これまでプレイしてきたさまざまなゲームの元祖はこれか…という面影を感じつつ、人力だからこその自由度というか分岐の可能性に長く遊ばれてきたのも納得の魅力を感じた。

小学生の頃、ファミコンがある子の家に集ってドラクエやってるのを見ながら後ろで自由帳にダンジョンマップを描いてた頃のことを思い出しました。友達の家でもやってたし、我が家は4人きょうだいに1ファミコンだったので、家でもその状態は多発していた。

オモコロチャンネルで最近公開された動画に、この日やったものと同じシナリオの冒頭プレイ動画(静けさ卿!)があったので見返すのも楽しみ。

【TRPG】おじさんが本気で創ったキャラになりきってファンタジー世界を冒険しよう!【ダンジョンズ&ドラゴンズ】 - YouTube

帰りが少し遅くなってしまったことで文鳥が慌てており申し訳なかった。
帰宅が文鳥の就寝時間より遅くなるときは、部屋の電気を消しておき眠れるようにしておくのだけど、この日は消さずに出てしまったので、寝付けなかったのだ。
5分だけ放鳥してケージを片付けておやすみカバーをかける。最近換羽期でくちもとがはげているのだけれどそれもまたかわいい。

2022年に読んだ本

自分がどのくらいのペースで本を読んでいるのか知りたくて、昨年はじめて読書系のアプリを使ってみた。
仕事で読んだ本や、資料として飛ばし読みをしたものは除いて、結果はまあまあ予想通りの月4冊/年48冊で、こうして冊数として把握できてしまうと、自分が生きているうちに読める冊数はどのくらいか…というのも目安がついてしまうので、そうそう気軽に積めないなとも思う。

記録をしてみて面白かったのは、自分がどのような流れで本を手に取り、次読むものを選んだのかが思い出せるところだ。
例えば2022年は年始に『同志少女よ、敵を撃て』を読んだあと、参考文献として挙げられていた『戦争は女の顔をしていない』を読んだ。
そして、これらを読み終えた直後に、ロシアのウクライナ侵攻のニュースがあり、Netflixで「イカロス」というドキュメンタリー映画を見た。そして「イカロス」に登場したロドチェンコフ氏の愛読書として『一九八四年』のフレーズが紹介されているのを見て、そういえば読んだことがなかったなと思い手に取った。(ちなみに現在は「ジョージ・オーウェル 『一九八四年』を読む」を読んでいる)

www.netflix.com


落合博満ブーム

買ってよかったもの*1にもあげた『嫌われた監督』は自分にとって2022年最大のブームというか影響を受けた本になった。
これをきっかけに読んだ落合監督関連本は計6冊で…、と書いて気づいたけど、野球関連の本は読書という感覚じゃなくてアプリに記録するのを忘れているのも結構あったけどまあいいか。
『嫌われた監督』は原点として、副読本としてよかったのは『証言』(ムック本)、それから中日ファンの友人がすすめてくれた『フクシ伝説』です。


津村記久子ブーム

今年の後半は津村記久子さんブームでもあった。
入院中に『とにかくうちに帰ります』を読んだのがきっかけで、臨場感あふれる「豪雨の中帰宅しようとしている人々」の様子を読むことが、とても良い気分転換になったのだった。
それからサッカー2部リーグを舞台に描かれる群像劇『ディス・イズ・ザ・デイ』は落合さんの講演会を聴きに行く新幹線の車内で読み始めた。これまでスポーツに関わりのない人生を送ってきたので「スポーツを応援するとはどういうことか?」なんてことが気になったりしていたのだけど、そんな自分にはうってつけの本だったと思う。
スポーツファンになるにおいて「過程の正しさ」なんてものはなく、いろんな楽しみ方があるんだということがいきいきと描かれていたし、皆それぞれ応援することで支えられもしている、という点では私がこれまではまってきたものと同じなんだなと思えた。
それから『浮遊霊ブラジル』に収録されている「給水塔と亀」。津村記久子作品における、こういった、特に活躍しているわけじゃないおじさん/おばさんが特に活躍しないまま主人公である様が大好きです。

そんな具合に津村さんのファンになってしまった今年だけれど、思えば2021年にはチョン・セランさんとのオンライントークイベントを見たりもしていたし、その頃から好感はもっていたのだ。でも今はすっかり「私(たち)の作家だ!」みたいな気分なので面白い。今後は新刊が出たら必ず買って読むと思う。


読書

2022年は初めて読書会に参加して、定期的に本についての話をできたのも面白かった。
お互いの感想に共感し合うのもいいけれど、自分と全く違う感想を聞くことができるのが特に「読書会ならでは」という感じで面白い。
『居るのは辛いよ』などは読書会のテーマになったから読んだ本で、そういったきっかけをもらえたのも嬉しかった。


1年の記録を見返してみて気になった点としては、自分は「今年出た本」を予想以上に読んでいない、ということだろうか。
まあ、世の中にはまだ読んだことがない本が大量にあるので「新刊を」読まねばという気持ちはあまりないんだけど、これはつまり映画とかと比較するとあまり「話題作」的なものを手にとっていないということでもある。
ただ、新しいものにはやはり「今」の雰囲気もあるよなというのを『方舟』あたりを読んで感じたりもしたので、もう少し割合を増やしてもいいのかもなと思っています。新刊として読んだ本で面白かったのは『プロジェクト・ヘイル・メアリー』や『優等生は探偵に向かない』(『自由研究には向かない殺人』の続編)あたりでしょうか。


なんて言いつつ、読書は「読む気になった時」が読み時だと思うので(『とにかくうちに帰ります』が今年ベストタイミングだったように)、とりあえず積んだりもしつつ、今年もその時々のベストタイミングな本をたくさん読めたらいいなと思います。

体力の面影

年始に会った友人と「今年の目標」の話になったとき、思わず「肩こりからの卒業」と答えた。
冗談半分ではあったけれど、気になる症状は著しく集中力を削ぐため、まずこの肩こりをある程度解決してからじゃないと今年の目標なんて考えていられない…というのも本音だった。
とはいえその肩こりも、去年の秋に比べたら多少はマシになってきた。

時々、100点満点の元気状態は自分にはもう来ないのかもしれない、と思う。年をとるとはそういうことなのかも。
ならば、大人が若い子に「今のうちにやっておけ」といった類のことを言いがちなのことにも合点がいく。というか私もそう言いたくなることがある。
若者からしてみれば余計なお世話だが「今が一番元気なんだから」と言う大人は、若者に宿るかつての自分の体力の面影を懐かしんでいるだけなのだ。

とはいえ、生きているうちでは今が一番若いともいいますので、今年は運動とかを頑張りたいなとも思っています。HPを増やすことで楽になる伸び代があることを信じて。

一昨年から抱えてる仕事が昨年春からずっとハラハラしどうし、みたいな状況で精神衛生に悪く、今週はくるとこまできた感じでとても参ってしまった。金曜日になって少しだけ光明が見えたので、この灯火をどうにか育てていきたい、という気持ちもありつつ、
正直なところ現在の不調は、処方薬の副作用*1からこの案件のストレスに切り替わったような感触もあるので、
ここまでの成果を手放せばいつでも仕切り直せるし、手放しても大丈夫というのを合言葉に、参らないことを優先できる心構えをしておきたい。いやーほんとに参ったね。
最近はmstdnもたまに使ってるんだけど、ほとんど仕事の弱音と体調不良の報告みたいになっていて景気が悪い。
ichico (@ichinics@mstdn.jp) - mstdn.jp

そんなしょぼくれた気分の週に、水星の魔女12話をみた(配信組)のでさらに凹んだ。
でもあれは多くの人が書いているように洗脳なので、2期でちゃんとスレッタが救われてほしいという気持ちがある。
あるんだよなあ、と思いながら風花雪月の青→赤→からの黄色ルートをやっています。学園要素いらないと思って長らく敬遠してたけどやったらまんまとはまっている。

週末は暖かいらしいですね。
寒くないのは嬉しいけれど、1月らしからぬ予想気温なのは不穏だな。

*1:肩こりも多分これ