読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 「子供はわかってあげない」上下/田島列島

間違いなく今年を代表する作品のひとつだと思うのだけど、どんな風に感想を書いたらいいのかわからなくて、読み終えてから数ヶ月机の上に置きっぱなしだった。
ボーイミーツガールのお話のようで、想像もつかない方向へ物語が展開し、そして最後はこれ以上ないというくらい甘酸っぱいエンディングを迎える。上下巻でまるで1本の映画のようで…、なんていうとすごく陳腐だけれど、ほんとに映像的な作品で、それはたぶん、物語にモノローグがほぼなく(脳内台詞はある)、台詞だけで進んでいくせいなのだと思う。
視点となる人物は複数人いるのだけど、それが三人称という描き方ではなくて、カメラごと移動しているように読めるのも映像的。こういう漫画の描き方もあるんだなって感じた作品でした。
別のペンネームで描いていた時代もあったとのことで、もっといろんな作品を読んでみたい漫画家さんです。