読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 プシュケの涙

プシュケの涙 (メディアワークス文庫)

プシュケの涙 (メディアワークス文庫)

貸してもらって読みました。全3冊のシリーズで、1つの話、1冊の本、3冊のシリーズと、どこで切り取ってもそれぞれの魅力がある構成になっている。きっとすごく丁寧に練られたプロットなんだろうなと思います。それでいて押し付けがましくなく、読み心地は青春小説そのもので、とても好感を持ちました。
この話の主人公が、とか説明してしまうとこの物語の仕組みに触れてしまう気がするので、詳しくは書きませんが、複数視点から、あるキャラクターの数年間を描くシリーズになっています。
1冊目から順番に読んで行って、最後のお話でふと、ああこのキャラクターとのお別れなんだなって思ったら、なんだか寂しくなった。
個人的には、最後のお話の語り手になるキャラクターの、善人ではないけど悪人でもないすぐとなりにいそうな存在感にぐっときました。彼がある行動を、とうとうやりとげる場面では思わず涙ぐんで、残りページ数を確認し「間に合え!」と思いました。いろいろと。
とてもよかったです。読み終わってすぐ1巻を買いました。
ハイドラの告白 (メディアワークス文庫)

ハイドラの告白 (メディアワークス文庫)

セイジャの式日 (メディアワークス文庫)

セイジャの式日 (メディアワークス文庫)