読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

すばらしかったです。思い出すだけでにやにやしてしまう自分に耐えられないほど面白かった。見てる間中ずっと集中していたせいで、見終わったあとにはちょっとぐったりしてしまうくらい楽しかった。

なぜエヴァンゲリオンだったのかは正直わからないというか、これがいけるならアニメを見る人はもっと増えててもおかしくないんじゃないかなーとも思うんだけど、ともかくエヴァンゲリオンはたぶんもっとも新しい、普段からアニメを見る人の枠をこえて共通認識になったアニメだと思う。
序ももちろんすばらしかったけど、あれがリマスターだとしたら、破はもうまったくの新作で、これほど多くの人に思い入れられている作品にここまで手を入れるのは、きっとスタッフにとっても勇気のいることだったのではないかと思う。
もちろん私にとっても思い入れのある作品ではあったのだけど、映画がはじまってすぐに、こんな形でもう一度、新しい作品として見ることができるなんて、ほんとファンとして幸せなことだと思った。それくらい、できるかぎりのサービスをしまくった全力の作品だと感じました。すごい。

TVシリーズではいまひとつピンとこなかった描写に意味づけされていく感じと、それぞれのキャラクターを上書きするような描写は、たぶん「トップ2」や「フリクリ」など、庵野監督の作品に対する返答のような作品を手がけてきた鶴巻監督の存在によるところが大きいんじゃないだろうか。ある意味、庵野監督の個人的な世界観に傾きがちだったTVシリーズとその後の映画版にある危うさが、もともとの魅力を損なうことなく補正されている。
今回の「破」では、レイもアスカもシンジも、TVシリーズとはかなり印象が変わっていると思う。個人的にはそこがとてもよくて、3人とも前よりずっと好きになった。
特にアスカは、もともと好きなキャラクターだったけれど、今回は物語を動かす側にまわっているなと思って、帰ってきてパンフレットを読みながら、鶴巻監督のインタビューで「アスカにも物語に関わって欲しかったから」と書かれているのに、なんだかぐっときてしまった。
この大きな物語の変更については、キャラクターデザインとともに漫画版を担当している貞本さんの意見がきっかけになったとのことですが、そうやって物語にかかわった人々の意見が取り入れられているからこそ、それだけの時間が経ったからこそ、今回の「破」がこれほど力強い作品になっているのだと思う。
それからエヴァの戦闘シーンのかっこよさったらたまらなかった。使徒もかっこよかった。新キャラもとてもよかった。とにかく面白かった。
というわけで近日中にまた見に行くと思います。ほんと、すごく楽しかった!