読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年末年始日記

日記

毎年終業日にはフロアの大掃除がある。今年は終業日までもつれ込んだ仕事のある人が少なかったせいか、大掃除にも余裕があり、個人的にも達成感のある仕事納めだったのだけど、気づくと親指の爪に亀裂が入っており、最終的にはそれを気にかけながら帰宅する羽目になった。

終業日の翌日は良い天気だった。地下鉄の改札を出て地上へと続く階段を見上げ、ああ正月だなと思ったのを覚えている。実際は年末だったわけだけど、あのように空が青く、真昼から夕暮れのような光に満ちている空気を正月のようだと感じるのは一体なぜなのだろうか。
確率的に、正月は晴れやすいという統計があることは幾度か天気予報で聴いたことがある。しかしそれは東京で見る天気予報だったし、考えてみると広島の祖父母が亡くなり、「正月に広島へ行く」というイベントが行われなくなって以降、私は関東以外で正月を過ごしたことがないのだった(母方の祖父母は関東に住んでいる)。
沖縄や北海道でも正月はこのように晴れてることが多いのだろうか。アメリカやイギリスは、中国やアフリカはどうだろう。
きっとその国ごとに「年末年始らしい天気」というものがあるのだろうし、ならば次の正月には関東の正月らしさ以外のものも見てみたいな、と思ったりした。

大晦日から実家へ帰り、元旦には甥っ子を連れて義妹が来てくれた。上の弟は昨年末からアメリカに転勤になっており、正月明けには2人もアメリカに発つため、その前に会える最後の機会になる。
2人が訪れることは前もってわかっていたのに、父が居間を散らかし放題にしていたため、31日は着いてすぐに片付けと床の雑巾がけに借り出された。しかし念入りに雑巾がけをしたかいがあった、と思えるほどに甥っ子ははげしくハイハイをしていて、本当に子どもというのは日に日に、著しく成長するものなのだなと感じた。
義妹に着物を着せて写真を撮りたい、という親のリクエストがあったため、その間、小一時間ほど甥っ子と2人で遊んでいたのだけど、私の手につかまって、ちょっと歩いてみせたりする様子に、あんよが上手という言葉をいうチャンスはここだな!と胸が熱くなったりもした。あとはひたすら缶におもちゃをいれ、さかさまにしてそれらを開放し、再び缶におもちゃをしまう遊びを2人でした。

2人が帰った後、母親がマックのポテトが食べたい、クーポンがあるから、と言い出しポテトを買って帰ったのだけど、いざ大皿にあけたところで、父親がそれを自分のテーブルに運んだのには笑ってしまった。
まだ私が学生だった頃、最寄駅にはじめて焼肉屋(牛鉄とか牛角とかそういうやつ)ができたときに、家族揃って食べに行ったことがあった。そのとき「ユッケ」(当時はメニューにあった)を注文したところ、一口食べて気に入ったのか父親がそれをそっと自分の前に移動させたということがあった。
父親にはそのような、気に入った食べ物を独占する癖がある。
それがいまだに変わっていないということに笑いつつ、父と自分は本当に食の好みが似ているなとも思った。
ポテトは半分奪い返したが、結局父はLサイズ1つくらいは一人で食べきった。胃袋が丈夫なようで何よりだと思う。

2日には下の弟に送ってもらって妹とセールに行った。道がとても混雑していて、車の中ではノロウィルスの話から脱線してずっと吐き気の話をしていて、スタンドバイミーで吐いたのは何のパイだったかという話で笑いまくった。
妹とは福袋を買いたいねと話していたのだけど、もう夕方だったからか跡形もなく、結局デパートの地下で菓子の福袋をかって2人で半分こしてそのまま帰宅した。

久しぶりに実家に連泊したのだけど、慣れない布団と慣れない風呂(私が実家を出た後にリフォームしたため)を使うことに少々疲れていたので、自宅に帰るとなんだかほっとした。
折れた爪はまだ伸びていない。
きっと数年後には「爪の折れていた正月」として思い出すのだろう正月だった。

 2016年に見た映画ベスト10!

movie

今年は「今年ベスト!」って言いたくなる映画が本当にたくさんある年でした。昨年もそんなこと言ってた気がするけど、今年は特に、上半期から、今年ベスト!って叫びたくなる作品が多かった。

→ちなみに上半期のベスト10はこんな感じだった

それでは今年も「個人的に好きだったベスト10」を書いておきたいなと思います!

10位「HiGH&LOW THE MOVIE」&「HiGH&LOW THE RED RAIN」

2本まとめてで申し訳ないですが、ハイローのヒットもまた、2016年を代表する出来事の一つだったと思います。
とにかく「俺らの考える最高のかっこよさ」を実現するために金に糸目はつけないぜといった勢いのある映画だったし、THE MOVIEについては観客がどの「キャラ」を推してもいい、という余地のある作りが、アイドル映画としても楽しかった。
ichinics.hatenadiary.com

第9位「何者」

朝井リョウさんの原作がとても面白かったので、映画化されるときいてすごく楽しみにしていた作品。
小説ならではの仕掛けがある物語なので、それを映画化したときに生じる「前半のだるさ」は否めないところがあったけれど、同時に実写でやるからこその演出もあり、結果的には大満足でした。
何より印象的だったのは、伊賀大介さんによる衣装の演出です。

伊賀:佐藤健くんの演じる主人公の服装として、『それ、いい!』と思って。一つのブランドに執着するのって、一見小綺麗に見えるけど、逆にダサいじゃないですか。
http://realsound.jp/movie/2016/11/post-3153.html

ほんとファッションに対する態度までキャラクター作りに関わるんだなということを改めて感じるインタビューだったし、なによりあの佐藤健さんが「かっこよくなくみえる」のがすごかった。
それから今年は「溺れるナイフ」を見逃したのがほんと悔しいんですけど、この「何者」「ディストラクションベイビーズ」など、菅田将暉さんの猛烈なかっこよさ、視線の色っぽさにやられた年でもありました。
原作の感想
ichinics.hatenadiary.com

8位「ズートピア

差別と偏見、ということに対するディズニーの覚悟を感じる作品、という意味で、これも2016年を象徴するような作品だったと思う。
ただ、個人的にはニックかっこいい、でほとんど脳内が埋まっていました。
最近みた映画3本 - イチニクス遊覧日記

7位「怒り」

原作を読んでいなかったこともあり、ラストまでどういう結末になるのかわからずに見ていたからこそ、「誰が犯人なのか」を疑いながら見ていた自分の視線に打ちのめされる映画だった。
特に私はミスリードにまんまとひっかかったこともあり、あの人を疑ってしまったということが本当にショックで、そのことが今も忘れられない。
そのしかけが実現できたのはこの豪華キャストだからこそだと思うし、メインキャストは皆素晴らしかったと思います。

6位「ちはやふる」上下

こちらも2本まとめてですが、本当に楽しい青春映画だった。
原作もアニメもすばらしかっただけに、実写への期待値も高かかったのですが、とにかく本気になった瞬間のちはやの眼が最高だったのと、競技かるたの迫力がきちんと描かれていたのがよかったです。
下の句は松岡茉優さん演じる若宮詩暢が素晴らしかった。
ちはやふるには恋愛も描かれるけど、真ん中にあるのはPerfumeの主題歌「FLASH」にもあるように「恋ともぜんぜん 違うエモーション」なのがいい。
ichinics.hatenadiary.com

5位「オデッセイ」

原作も読んで公開を楽しみにしていた作品。
絶望的な状況にあってもユーモアと創意工夫を忘れないマーク・ワトニーさんという主人公がひたすら魅力的だった。誰かのために生きる、という物語ではなく、生きることを諦めない、というシンプルな動機で動く物語というのも新鮮で、とても心強く感じた。
あと見終わった瞬間に「頭がよくなりたい!」と思いましたね。
ichinics.hatenadiary.com

4位「シングストリート 未来へのうた」

ここからは全部今年1位にしたいくらい好きな作品。
青春ものとしてもバンドものとしても本当にキラキラしていたのだけど、個人的には兄弟ものとしての側面が本当にたまらなかった。
あの体育館での妄想MVシーンは忘れられない名シーンだったと思います。
それからサントラも本当に素晴らしかった!
ichinics.hatenadiary.com

3位「この世界の片隅に

原作がとても好きだったので、原作を読んだときに、ここが好きだと思った部分を丁寧に描いてくれたアニメーションだったのがとにかく嬉しかった。
自分が生まれるよりずっと前の話だけど、映画の中には自分のいる場所もあるような気がする映画でした。
また父方の田舎が広島ということもあり、珍しく親にすすめた映画でした。
ichinics.hatenadiary.com

2位「永い言い訳

万人におすすめするかはともかく、自分にとってどうしようもなく大事な映画というのはあって、それが今年はこの「永い言い訳」だったと思います。
映画を見た後に原作も読んだのですが、幸夫が幸せを知ることが、妻を忘れることとイコールでないことは救いでもあったけれど、同時に喪失の始まりでもある、ということに思い至って、たまらない気持ちになりました。
子どもたちの演技も本当によかったな。折に触れて見返したい作品です。
ichinics.hatenadiary.com

1位「シン・ゴジラ

最高でした。
ゴジラシリーズが好きなこともあるけれど、私の好きな適材適所ものであったこと、その派生でキャラクターの背景などを想像することもとても楽しくて、夏はほんとシン・ゴジラ一色だったような気がします。結局3回見に行ったけど、毎回新たな発見があるのも楽しかった…。
「オデッセイ」におけるワトニーさんが絶望的な状況にただ泣き叫んだりはしない、唐突に愛に目覚めたりはしない、ということと、このシン・ゴジラで描かれる登場人物たちの振る舞いは近いものがあるような気がする。
思わず後日談二次創作をしたりした*1
のも楽しかった思い出。
ichinics.hatenadiary.com


というわけで今年のベスト10でした!

ハイローのところにも書きましたが、今年は映画の見方が変わるような作品が多かったのも面白かった。
その最大のものは「KING OF PRISM by PrettyRhythm」から広まったと思われる「応援上映」だと思います。正直、キンプリは見るタイミングが遅すぎて、もう応援の形が仕上がってる状態で見に行ったので若干ついていけない感もありましたが、「これ応援上映で見たら楽しそうだな」という思考回路が生まれたのが2016年のトピックではないでしょうか。
それから「君の名は。」の大ヒットもすごかった。正直自分にはそれほどぐっとこなかったのですが、本当に、普段アニメを見ないような人まで見に行ってるのがすごいと思ったし、そんなことっていままでジブリ&ディズニー以外で起こりえなかったよね、という、その壁を破った作品が現れたということが嬉しい。
2017年もとても楽しみです!

昨年のベスト
ichinics.hatenadiary.com

 「いまさら翼といわれても」/米澤穂信

読んだ book

6年5か月ぶりの〈古典部〉シリーズ新作。
そもそも私はアニメ「氷菓」がきっかけで米澤穂信さんの作品に興味を持ち、アニメを見終わってから氷菓の原作である〈古典部〉シリーズと、同じく高校生が主人公の〈小市民〉シリーズを読んで夢中になったので、つまりこの『いまさら翼といわれても』が、初めてリアルタイム(?)で読める〈古典部〉新作ということになります。

いまさら翼といわれても

いまさら翼といわれても

この本には、奉太郎視点が4本、摩耶花視点が2本で計6本の短編が収録されている。
そのうち1本を読み始めたとき、不思議なことに「この風景には見覚えがある」と感じた。メインキャラクターだけでなく、教壇に立つ先生の様子にまで既視感がある。出たばかりの本でそんなことってあるのかな? と奥付をみると、その1本だけ2008年に書かれたものだとわかった。
つまりその作品だけ、単行本に収録されるより前にアニメ「氷菓」でアニメ化されていたのだ。
――なるほどね、と解決するまで数分程度のことだったのだけど、そのような「違和感」を解決することにわくわくする感覚は、高校生を主人公に描かれる〈古典部〉と〈小市民〉シリーズの魅力にも通じているように思った。

もちろん、その私の違和感は謎でも何でもない、ただの記憶の劣化だ。
でも「まあいいか」で見過ごしてしまいそうな出来事という意味ではこのシリーズで描かれる謎と似ていて、
そのような「まあいいか」に立ち止まり、その背景を紐解いていく過程に登場人物たちの思春期ならではの心情が絡むというところが、〈古典部〉と〈小市民〉シリーズの、青春小説としても推理小説としても、魅力的なポイントだと思う。

特に好きだったのは摩耶花視点で描かれる、『クドリャフカの順番』の後日談ともいえる「わたしたちの伝説の一冊」。
漫画家を目指す摩耶花が漫画部の内輪もめに巻き込まれている最中に起こるある出来事の謎を解く話なのだけど、

友達も仲間も振り捨てて、本当に頼りになるのかわからない自分の才能に仕えるには、とてもこわいです。
p215

この台詞が出てくる箇所の一連のやりとりは、何かを好きで、続けていて、でも好きだけでは終わりたくない、という岐路に立ったことのある人にはきっと響く場面だと感じた。
学校という社会は小さい。でもその中にいる間はその小ささに気付かない。
けれどこのやりとりは「見ててくれる人はいた」という希望でもある。そのことにいつか摩耶花は気づくのだろう。

そのほかの短編では、特に奉太郎とえるの距離感が縮まっていることが印象的で、「翼」の話も含め、まだまだこのシリーズの続きを読んでいたい、と思う1冊でした。面白かった。

 面倒日記

日記

思えば引越しをするときも、ちょっといい(私にしては)自転車を買うときも、私は周囲の友だちにしつこいくらい「引越しがしたい」「自転車が欲しい」といい続けていた。
何か慣れないことをしようとするときは、そんな風に「宣言」して引っ込む場所をなくしてしまわないとなかなか腰が上がらないタイプで、我ながら面倒な性格だなと思うけれど、ここまできたらそういう癖をうまく使う方法を考えた方がきっといい。

そんなわけで、長らくやりたいなと思ってやっていなかったことを、年の瀬の勢いでやってしまいたいなと思いました。

この日記は10年以上、自分の好きなものについて分け隔てなく書く場所にしたいと思って続けてきて、それでいいと思っていたのですが、最近はそれが書くことの抵抗になっているような気もして、
なのでちょっとこの辺で、少し内容を分割してみようかなと思っています。
基本的には漫画のことだけ別の場所で書いて、ここはもうちょっと気軽に日記を書くところにしてくつもり。

たったそれだけのことをわざわざ宣言しないと落ち着かない、という面倒くさい日記でした。
来年はもっとまめに日記を書きたいなー。

というわけで漫画日記はこちら→http://ichinics.hateblo.jp/

この世界の片隅に

見た movie anime

監督:片渕須直


原作も素晴らしかったけれど、その印象をこれ以上ないほど丁寧にアニメという表現で再現してみせてくれた、これもまた素晴らしい映画でした。
こわい場面もたくさんあったけれど、映画を見終わった瞬間、私の中に残っていたのは「生活をしよう」という決意であり、劇場を出た後、エレベーターに乗り合わせた人に「良い映画でしたねえ」なんて、つい声をかけたくなった。
あまり先入観を持って見に行かない方が良いとも思うので(あまりに良い良い言われると、ちょっと斜に構えてしまうということは私にも覚えがあるし)、おすすめです、と言うに留める。

ここから先は、生活の話。

歴史を描いた物語の登場人物は、ほとんど場合が歴史に名を残した人物であり、例えば「戦争」については多くの記録が残っていても、それに巻き込まれた人々の物語は、語られなければ忘れられていく。忘れられていくことが悪だというわけではないのだけど、ただその世界を思い描くときに、「自分」の身の置き場がないなと、子どもの頃よく思っていた。
だから、この原作を読んだときにまず感じたのは、これは自分たちの物語だということだった。つまり、街灯り1つひとつのしたにある生活の話だ。
何年か前、母方の「地元」である鳥取と、父方の「地元」である広島を妹と旅行したことがある。特にルーツ巡りとかを意識したものではなかったのだけど、父方母方それぞれの名字の表札をたくさん見かけたのは面白かったし、その後、親戚と会話する際のいいネタになった(久しぶりに会う親戚との会話というのはなかなか難しい)。
当たり前のことだけれど、そこには自分の知らない大勢の人が住んでいるのだということを知るのは、なんだか心強い。それは、こうの史代さんの描く風景のどこかにはきっとこの時代の私もいて、それなりに毎日を楽しく過ごしているはずだと感じたことに似ている。
どんなに深刻な状況があったとしても、人はその中に救いを見つけるし、まともであろうという支えを探す。それが生活するということだろう。
生活をしていない人などいない。
大家族も、一人で暮らす人も、家事をする人も、料理をしない人も、洗濯は全部クリーニング店に頼む人も、悲しいことがあった人も、お祝いの日も、それぞれに軟着陸すべき日常を持っているはずだ。
それを奪う権利は誰にもないし、生活をより丁寧に心地よく行おうとすることこそが、抗う方法であり、人の支えになるのだと思う映画だった。

原作を読んだときに「ひとつひとつのコマがまるで記憶のように描かれている。場を写し取るのじゃなく、気持ちごと画になっているみたいだ。」と書いたけれど、映画の印象もその通りだと思った。ぜひぜひ、劇場で見る事をおすすめしたい映画ですし、原作未読の方にはあわせて原作もおすすめしたいです。

ichinics.hatenadiary.com
ichinics.hatenadiary.com
ichinics.hatenadiary.com